あつすぎ

カテゴリー:お役立ち情報

こんにちは、小林です。
冷夏が続いたせいか今年はなんだか時が進むのが早い、なんて到底言えそうにない暑い日が続いていますね。
皆様、熱中症にはくれぐれもご注意ください。

 

38度というのは人間の体が適応することのできる気温なのでしょうか?
少なくとも自分の高校時代の担任は、
「先生は暑いと溶けちゃいます」というのが夏の口癖でした。
この気温では先生が溶けてしまうなぁ・・・と毎日心配しています。
先生が暑くて溶けてしまわないよう、気温には少し考えを改めて欲しいと思います。

 

暑い暑いと文句を言っている身で恐縮ですが、
夏!を味わいたかったので8月3日に開催された長良川の花火大会に行ってまいりました。
お祭りの醍醐味屋台の話は先月もしたので割愛させていただきますが、
こんな暑い日にアツアツの焼きとうもろこしなんて食べていられないので、普通につめた〜いかき氷を食べました。
人も多いし暑かったけど花火がすごく綺麗だったのですごく感動しました!(小学生の日記?)

 

ここで花火に関する思い出話を一つ。
皆様ご存知の通り、私は高校時代に花火師を志していましたので、
暑いと溶けちゃう件の先生に「先生の為に花火を打ち上げるので10年後の花火大会を楽しみにしていてください!」と一世一代の告白をしたことがあるのですが、
「先生、人が多いのも煩いのも暑いのも苦手なので結構です」とあっさり振られた素敵な思い出があります。
そのまま引き下がるわけにもいかず、「じゃあ線香花火をプレゼントします!」と訂正しました。必死ですね。

 

夏の思い出とともに、またこんど!