オリジナルTシャツの洗濯と収納の方法

HOME > コラム > オリジナルTシャツの洗濯と収納の方法

オリジナルTシャツの洗濯と収納の方法

思い出のあるオリジナルTシャツ。しかし、せかくのTシャツが洗ってボロボロになってしまったら悲しいです。意外とわからないオリジナルTシャツのお手入れの仕方を確認していきましょう。

長持ちする洗濯のポイント5


Tシャツについているタグの洗濯表示を確認


まずは表示を見て、洗濯水の温度や洗濯機が使えるか、クリーニングの仕方、漂白の仕方などを確認しましょう。ちなみに漂白剤の使用は避けた方が良いです。

手洗いの方が洗濯機よりベター


オリジナルTシャツは表示で洗濯機使用が可能でも、手洗いをした方が生地やプリントが長持ちします。手洗いの場合は、ぬるま湯でやさしく押し洗いをしましょう。洗剤はオシャレ着洗い用のものを使うとより良いです。絞る時もそのまま直接手で絞ると生地やプリントが傷むので、バスタオルなどにはさんで水気を切りましょう。

洗濯機使用の時は裏返してネットに入れる


ネットに入れる時は裏返してきれいにたたんでから入れます。ネットに入れることで袖口が伸びたり、他の物と絡まったりするのを防ぎます。また裏返すことでプリントが色あせしにくくなります。洗濯機使用の時は色の濃いものと一緒に洗うと色移りすることもあるので分けて洗いましょう。

乾燥機の使用はNG


洗った後に乾燥機の使用は絶対に避けて下さい。プリントが劣化し、生地が傷みます。

洗ったらすぐに陰干し


洗ったらすぐに干します。洗濯機の中で長時間放置するのは厳禁です。プリント部分同士がくっついて剥げてしまいます。干す時は風通しの良い日陰に干します。直射日光はプリント部分がひび割れたり、色あせの原因になります。しっかりとシワをのばしてから干しましょう。ハンガーを使って干す時は、無理やり首の方からハンガーを通すのは避けて、必ず裾側からハンガーを通します。また、ハンガーを使わず、胴体部分で半分に折って干すのも良いでしょう。
干す時にせんたくばさみを使うと跡が残ってしまうので、なるべく使用せずにTシャツと形の合うハンガーを使うことをオススメします。

プリント方法によって洗濯方法を変える?


オリジナルTシャツのプリント方法によっては、洗濯でプリントが剥げやすくなる場合もあるので注意しなくてはいけません。
インクジェットプリントの場合は普通のプリントTシャツと同じように洗濯機で洗っても大丈夫です。初回の洗濯でわずかにプリントの吹き付けが洗い流されますが、ほとんど影響はありません。白い物と一緒に洗う場合は分けておこなう方が良いでしょう。昇華プリントの場合も色落ちには強いので特に洗濯には問題ありません。
シルクスクリーンプリント、カッティング圧着プリント、ホワイトインクジェットプリント、フルカラーカッティングの場合はプリントのインクやシートが生地の上に乗っている状態です。洗濯中に他の物と絡まって引っ張られたり、脱水の際にひねられたりするとプリント面がひび割れたり、剥がれたりしてしまいます。洗濯機を使う時は裏返してからネットに入れて洗いましょう。干す時も、やさしくほぐすようにシワをのばして下さい。強くはたくと、プリントのひび割れの原因にもなります。
油性のシルクスクリーン印刷、フルカラーカッティングプリント、デジタル転写の場合はドライクリーニングはできませんので注意しましょう。基本的にはどのプリント方法でも洗濯機の使用は可能で、すぐにプリントが剥がれたりすることはありませんが、手洗いをした方がプリントが長持ちをするでしょう。

たたみ方・収納方法にも気を付ける


オリジナルTシャツをきれいに洗った後は、たたみ方や収納方法にも気を付けましょう。ハンガーにかけたまま収納する方法は、シワをつけることなく保管できます。しかし、ハンガーの跡がTシャツの肩の部分についてしまい、型崩れにもつながります。そのためにもTシャツの肩幅と同じサイズで丸みのあるハンガーを使用すると良いです。
ハンガーにかけたTシャツをたくさんクローゼットにかけてしまう時は、プリント同士がくっついてしまわないように、少しずつ間隔をあけて収納するようにしましょう。たたんでタンスなどに収納する時は、シワをきちんとのばしてきれいにたたんでからしまいます。シワがついたまま収納したり、きちんとたたんでいてもタンスの中でぐちゃぐちゃになったままで収納していると、次回の使用時にはヨレヨレになってしまいます。また、たたんで収納する時も、Tシャツのプリント同士がくっつかないようにして収納しましょう。
ハンガーにかける場合も、たたんでタンスなどに収納する場合も防虫剤を使用して、大切なオリジナルTシャツの虫食いを防ぎましょう。

まとめ
オリジナルTシャツは洗濯や収納方法に注意することで、きれいな状態を保つことができます。せっかくの思い出のあるオリジルTシャツですから、長持ちさせるためにもひと手間をかけて大切にしましょう。

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。