オリジナルTシャツは手作りと業者委託のどちらがいいのか?

HOME > コラム > オリジナルTシャツは手作りと業者委託のどちらがいいのか?

オリジナルTシャツは手作りと業者委託のどちらがいいのか?

オリジナルTシャツを作るならどんな方法がいいのか?


最近はオリジナルTシャツを作ろうとする人が増えていますが、自作と業者委託のどちらの方がいいのでしょうか。自作するメリットは、やはり費用がかからないことです。最近は自分でプリントTシャツを作ることができるキットもあるので、Tシャツさえ持っていれば後は好きにプリントするだけで簡単にオリジナルTシャツを作ることができます。手作り感があれば、サークルのイベントや部活動などでも大盛り上がりすることができます。また、作成段階で皆と一緒に目的を共有するのでチームメンバーと団結するようにもなり、仲間意識も芽生えることにもつながります。
ただ、その一方でやはり素人が手作りすると仕上がりが雑になることがあります。プリント模様がズレていたり、うまく作ることができなかったり、生地に合わないようなデザインになったりなど、オリジナルTシャツというのは簡単なように見えて実は奥が深いものです。したがって、オリジナルTシャツを作成するなら、最初から業者委託することも一つの方法です。確かに業者委託するとその分の費用はかかりますが、その代わり手作りのときと違って仕上がりのクオリティが段違いです。遠目から見ても非常に綺麗に仕上がりますし、さらに色がにじんだり生地合わないようなデザインになったりすることもありません。また、最近は格安で良質のオリジナルTシャツを作ってくれる業者も増えてきたので、下手に手作りシャツにこだわるよりもずっと労力的にも金銭的にもお得になるケースが多くなっています。

オリジナルTシャツの作成依頼をするときの業者の選び方


オリジナルTシャツを作成する段階でチームメンバーとの団結力は深まるのは確かですが、そもそも皆おそろいのオリジナルTシャツを着ることでメンバー同士の仲間意識が芽生え、友情が深まるようになるので手作りにこだわる必要もありません。それ以上に良質のシャツを着ることでメンバーのモチベーションがアップし、いつも以上のパフォーマンスを生み出す力となり、むしろそちらの方が重要だという考え方もあります。
では、オリジナルTシャツの作成を依頼するときには、どのようにして業者を選べばいいのでしょうか。今の時代はインターネットを使えば簡単に業者を見つけることができるので、まずはホームページを探すところから始めましょう。そのときに特商法表記が表示され、会社概要や運営の方針、プライバシーポリシーなどがきちんと掲載されていることをチェックするようにします。特商法表記については消費者庁から掲載を義務付けられているので、この記載がないメーカーは信頼できない可能性があるので注意が必要です。
また、自社工場を持っているかどうかも確認します。自社工場というのは自社でシャツの作成をすることができる工場のことですが、これがあるのと無いのとでは納期に大きな違いがあります。自社工場があれば製作の段階で細かい部分の修正依頼をしやすいですし、さらになるべく早い段階で作成をしてくれやすくなります。反対に自社工場がないと受注だけして製作は他の業者に依頼するために、どうしても納期に時間がかかってしまいます。また、コミュニケーション不足によるミスが生じることもあるので、業者を選ぶときにはなるべく自社工場を所有している業者に依頼するとスムーズになります。

オリジナルTシャツの作成依頼をするときの注意点


手作りでTシャツを作るときは、やはり慣れない作業が増えてしまうので思ったよりも時間がかかってしまうことがあります。また、大人数になればそれだけ作成の手間がかかり、材料費も増えてしまうのでお勧めできません。しかし、業者委託であれば大量作成も簡単に依頼できますし、さらに料金についても相談に乗ってくれやすいというメリットがあるので、むしろ手作りよりも安くつくことがあります。
ただ、上手に依頼しないと無駄な時間や費用がかかってしまうことがあるので注意が必要です。相談するときには、まずこちらの要望をきちんと聞いてくれる業者かどうか見極めるようにします。そもそもオリジナルTシャツを作る目的は、自分達のこだわりを表現するためなので、それができなかったら意味がありません。したがって、こちらの要望を可能な限り聞いてくれ、その上でなるべく負担にならないような見積もりをしてくれる業者が最適である可能性が高いです。
また、実際に作ってもらうときには、なるべくサンプル品を取り寄せることをお勧めします。ホームページで見るシャツと、実際に見るシャツとではイメージが異なる場合があるからです。ホームページで見る写真は、その人のパソコンの環境によって異なるので、直接見る色と異なるケースがあります。また、肌触りは写真だけでは判断できないので、失敗しないためにもなるべく生地サンプルは取り寄せるようにします。

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。