パーカーをオーダーで作ってもらう際の注意点について

HOME > コラム > パーカーをオーダーで作ってもらう際の注意点について

パーカーをオーダーで作ってもらう際の注意点について

オーダーで作ってもらう際の流れについて


オリジナルのパーカーをオーダーで作ってもらう場合は、どのような流れになるのかについて紹介します。
まずは商品を決めることから始めます。パーカーといってもさまざまな種類が存在しているので、その中から選ぶことになります。次に、デザインを決めます。これがとても重要となるでしょう。わざわざオーダーをする理由は、オリジナルデザインのものを作ってもらいたいからです。デザインについては自分たちでデザイン原稿を用意する場合と、業者の提案するデザインパターンから選ぶという方法があります。オリジナルデザインの場合はそれを入稿する必要があります。その際にはプリントの色や位置を正確に指定しなければいけません。また、原寸サイズで入稿しない場合には希望するサイズも記入しておく必要があります。入稿方法としては紙に手書きしたものを入稿したり、パソコンで作成したものを入稿するという方法があります。スマホで撮影をして入稿することもできます。さらに、プリント内容を決めることになります。ここではプリントの位置やカラーを決めます。しかし、それぞれの商品でプリントすることが可能な位置が異なるため注意が必要です。たとえば前面と後面のどちらか、あるいは両方にプリントできるものなどがあります。具体的な位置を指定することも可能です。さらにさまざまな色を選ぶこともできます。
それらが決まったら、最後に決済方法を選ぶことになります。多くの業者では銀行振込やクレジットカード、代金引換に対応しています。都合の良い方法を選ぶと良いでしょう。そして、実際に注文をすることになります。見積りをもらい、どのくらいの費用がかかるのかをチェックしてから、依頼をするかどうか決めることも可能です。

パーカーの種類について


パーカーにはいろいろな種類が存在しています。
まずはプルオーバーパーカーです。これはトレーナーの上にフードがついているタイプとなっています。チャックやボタンがついていなくて、頭からトレーナーと同じようにしてかぶるタイプであり、前にポケットがついているものが多いです。もしブルゾンやコートの中に着たいならばプルオーバーの方が良いでしょう。また、プルオーバーの場合はサイズを選びやすいという点も特徴となっています。普通のトレーナーと同じ感覚で着ることができるからです。
次にジップアップというタイプのパーカーもあります。これはフロントにジップがついており、これによって開け閉めができるタイプのパーカーです。羽織って着るタイプとなっています。開け閉めができるというのは大きなメリットとなるでしょう。羽織ものとして使うことができて、なおかつインナーとしても利用できます。必要に応じてすぐに着脱ができるのです。ただし、デメリットもあります。それは下の裾リブがどんどん締めつけられてしまうということです。そのため、歩いているうちにずり上がってしまうことがあります。中に着ているシャツがよれてしまうこともあるでしょう。しかし、1着持っていれば便利なパーカーです。
他には裏起毛のものが売られています。これはとても暖かいのが特徴となっています。もし冬場や外で着用するのであれば、裏起毛のものを選んでおくと良いでしょう。生地の種類もそれぞれ異なっているので、用途に合わせて最適なものを選ぶようにすると良いでしょう。例えば薄いものもあれば厚手のものもあり、Tシャツ生地でできているものもあります。オーダーする際にはさまざまな種類の違いを理解しておく必要があります。

その他の注意点


パーカーをオーダーする際には業者選びも重要です。いろいろな業者があり、それぞれ価格や品質が大きく異なっています。ホームページをチェックしてみて、そこにお客さんの声が掲載されているのであれば確認しておくと良いです。それによって、実際に利用した人の満足度を調べることができます。
すぐに作ってもらいたいのであれば、短納期が可能な業者を選ぶと良いでしょう。注文したものをすぐに届けてくれます。最短で2日で発送してくれるような業者もあります。もちろん、短納期だからといって品質を犠牲にしていることはないので安心して注文できます。自社工場を完備している業者であれば、品質を維持しながら短納期に対応できるでしょう。
また、品質にこだわっている業者を利用するのがポイントです。それぞれの業者がどのように品質に取り組んでいるのか調べるとそのこだわりを知ることができます。やはり技術力がしっかりと蓄積されているところは、質の高いパーカーを作ることができるでしょう。高品質の理由をしっかりとサイトで説明しているところは信頼できます。
さらに、見積りは必ずもらい、その内容についてしっかりと確認しておく必要があります。無料で概算見積もりを簡単にしてくれるところも多いです。いろいろな業者の見積りを比較することによって、どこが一番安く作ってくれるのかが分かります。中には料金シミュレーションができる業者もあります。サイトで商品や枚数、サイズ、色数などを選択することで、どのくらいの価格になるのかが分かるのです。料金の目安を知るのに役立つでしょう。

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。