最短納期の理由

インファクトリーでは「最短翌日発送」をコンセプトにしております。
実際のところ2日間でオリジナルTシャツを製作することは容易ではありません。
まず、Tシャツを製作するためにはこれだけの作業が必要となります。

(1)見積もり依頼(web上でお客様から当社へ見積もり依頼)
(2)見積もり提示(当社からお客様へ見積もり金額を連絡)
(3)デザイン連絡(お客様から当社へデザインを連絡)
(4)最終見積もり(お客様に最終的な見積もり金額を連絡)
(5)正式発注(見積もり金額がOKな場合正式注文)
(6)商品の仕入れ(Tシャツメーカーから商品を取り寄せ)
(7)製版とTシャツ制作(自社工場もしくは協力工場でTシャツの制作)
(8)出荷(お客様の元へ出荷/納入)

最短納期で製作する場合、時間的に縮めることが出来るのは、
(6)商品の仕入れ (7)製版とTシャツ制作 のみとなります。

インファクトリーと工場がない他者との違い

それでは本題に入りたいと思います。
インファクトリーは何故、最短翌日出荷が可能なのか。
他者との違いは何かを説明します。

インファクトリーの場合

インファクトリーは日本の繊維製造の中心である岐阜に本拠があり、最短当日でのTシャツ仕入れが可能です。
また、国内最大規模の自社工場を完備しているため、受注から製版、プリント加工まで一貫してスムーズに製造加工することができます。

自社工場がない他者の場合

オリジナルTシャツを制作している他社は自社工場を持っていない場合が多く、受注やデザインは自社で行いますがプリントに関しては外注に頼らなければならなくなります。外注先に依頼するだけで1日〜2日のタイムロスが発生するため、最短納期2〜3日での出荷は実現することが難しくなります。

また、外注先も1社からの仕事量では成り立たないので、一般的には複数社と契約している場合がほとんどです。そのため急な仕事に対応することが難しく、プリントカラーやプリント位置の確認といった細かな 作業が疎かになりがちです。

インファクトリーでは より早くより良い商品をお客様にお届けする気持ちはどの会社よりも強くもっています。そして最短でお届けするノウハウを、もっています。
受注管理、お客様との打ち合わせ、商品の在庫確保、製版、プリント加工これらの作業を一貫してスピーディーに行います。お急ぎの方は是非ご相談ください。

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。