色数制限なし!フルカラーTシャツはインクジェットプリントで間違いなし!

デザインについて

オリジナルTシャツを作ろうと思って調べだすと絶対に目に入ってくるインクジェットプリント。もっとたくさんの色を使いたいけど、シルクスクリーンだと版代もプリント料金上がって、デザインが制限されてしまう、といったときにおすすめのプリント方法です。

1色増えるごとに増えていくお見積もりに、「やっぱり1色でいいか…」となってしまう前に!思い切ってフルカラープリントに挑戦してみませんか?色数の制限がないので、デザインの幅も広がります!より自由にオリジナルTシャツをプリントするために、今回はフルカラーのインクジェットプリントについて書いていきます。

インクジェットプリントって?

フルカラープリントで一番有名なインクジェットプリント。インクジェットプリントは、Tシャツの記事に直接インクを吹き付けて、Tシャツに染み込ませる印刷方法です。

身近なところで言えば、家や会社で使用している「プリンター」で紙に印刷するのと同じ仕組みとなっています。紙が生地に変わったと思っていただければ、想像しやすいとのではないでしょうか。専用のプリンターにTシャツを着せて、生地のゴミを取り、シワを伸ばし、あとはスイッチを押すだけでプリントが開始されます。

白Tシャツにプリントする場合は染み込みプリントのような仕上がりになります。プリント部分がゴワゴワしないので通気性もいいです。生地の風合いを損ねることなくプリントできるので、自然な着心地が人気です。

白Tシャツ以外のカラーTシャツにプリントする場合は、プリントの発色をよくするために、

  1. 前処理剤を塗る
  2. 白インクを吹きかる
  3. その上にデザインをプリントする

という手順になります。前処理剤と白インクがかかっているので、白Tシャツのように生地に染み込んだプリントにはなりません。カラーTシャツの場合は少しざらざらとした風合いが特徴です。


よーく見るとデザインの周りに薄い白線が見えます。これが最初に下に引いている白インクです。

インクジェットプリントの魅力とは?

それでは早速インクジェットの魅力について見ていきましょう!

色数の制限がない

オリジナルTシャツプリントで有名なシルクスクリーンは、色ごとに「版」を作ってプリントしていく方法になりますので、製作の枚数が少なく、色数が多いご注文の場合はどうしても金額が高くなってしまいがちです。この問題を解決してくれるのがインクジェットとなります。数えきれないほどの多色プリントから、フルカラーのお写真まで、なんでもプリント可能です!

グラデーションを表現できる

グラデーションのデザインが簡単に再現できてしまうところも魅力のひとつ。
特に白Tシャツへのプリントの場合、生地の色の影響を全くうけないので、データの色がほぼそのまま再現されるかつ、生地の風合いを損ねず柔らかい仕上がりになります。

ぼかしや細い線も得意!

1色のデザインだと「シルクスクリーンプリント」と思いがちですがそんなことはありません。シルクスクリーンプリントでは再現ができなかったぼかしや、細い線、細かい柄に関してもインクジェットが解決してくれます。

小ロットでも低コスト

版を製作する必要がないので、1枚でも低コストで製作可能!
よくいただくお問い合わせで「1枚だけほしいんです」。こんなお問い合わせをいただきます。オーダーメイド商品の場合、数を多く注文していただくほどお得な料金になっていることがしばしば。そこで解決してくれるのがインクジェットプリントとなります。版の製作コストをゼロにすることで、1枚でもお得に製作が可能です。

インクジェットの注意点

いいことずくめなインクジェットプリントも少し注意点があります。

綿100%の商品のみ対応

 

デザインの幅を持たせることができるインクジェットプリントの注意点としては【コットン100%のTシャツのみ対応】という点です。残念ながらポリエステルやナイロン素材の商品にはプリントができません。「Tシャツにプリントしたデザインをブルゾンにもプリントしたい」となると、Tシャツとブルゾンで加工方法が変わるため、プリントの仕上がりが全く異なる場合もあります。今後いろんな商品で追加を検討している場合は、事前に営業担当に相談してみましょう。

データと全く同じ色にはならない

 

データをそのままインクジェット機で出力しますが、プリンターの性質・プリント方法の制約上、データの色とプリントした色は完全に同じ色にはなりません。CMYKでの出力になりますので、RGBでデータを作成している場合は仕上がりが大きく異なります。データはCMYKでの作成がおすすめです。後述しますが、比較的色の差が出にくい白Tシャツの場合でも多少色が沈んだり、色が変わる場合もあります。

白TシャツとカラーTシャツでプリントの仕上がりが変わる

 

先ほどもご紹介しましたが、白Tシャツの場合は生地に直接インクを吹きかける、それ以外のカラーの場合は、前処理剤+白インク+デザインをプリントというプリント工程になるため、白TシャツとカラーTシャツで仕上がりが異なります。また、生地色の影響により元データと色味が変わることもあります。白Tシャツと黒Tシャツに同じデザインをプリントしてみると発色の違いが顕著にでますので、Tシャツカラーを複数パターン検討している場合は転写プリントへの変更を提案する場合もございます。

インクジェットプリントに向かないTシャツカラーもありますので、気になるカラーがあれば相談してみましょう。

また、カラーTシャツは納品時に前処理剤の跡が残ったままになる可能性があります。前処理剤は透明な糊のようなもので、人体に影響はありません。ほとんどが水洗いで落ちますが、商品が届いてすぐに着用する予定がある際は白Tシャツでの製作がおすすめです。

ラメや蛍光色は再現できない

 

よくいただく質問で「キラキラしたような仕上がりにしたい」という声をいただきます。シルクスクリーンの場合はラメインクでのプリントもできますが、インクジェットプリントは紙印刷と同様のCMYKでのプリントとなります。キラキラしたような表現は難しいのですが、例えばゴールドのようなグラデーションカラーをプリントすることはできます。

色落ちは大丈夫?プリントを長持ちさせるには

生地にインクを直接吹きかけると聞くと、気になるのは色落ちに関してです。洗ったらせっかくプリントしたデザインが剥がれてしまうのではないかと不安になる方も多いと思います。インクジェットプリントに限らず、どのプリント方法でも剥がれや色落ちは気になるところです。

結論から申し上げますと、インファクトリーのインクジェットプリントTシャツはついてすぐに着ても大丈夫です。十分にプリント部分を乾燥させてから納品しますので、プリント部分を触ってもインクが手につくようなことは絶対にありません!

しかし、完全計画生産ではないため、プリントが完了してからお客様の手元に商品が届くまで1~2日しか経過していない場合がほとんどです。通常市販されているプリントTシャツはプリントしてから1ヶ月以上経過しています。届いてしばらくの間は取り扱い方法を少し気をつけてあげると、よりプリントが長持ちします。

せっかくプリントしたTシャツを長持ちさせるために!気をつけて置きたい洗濯時のポイントがあります。少しの手間でプリントのダメージを減らすことができますので、お気に入りのTシャツにはこちらの方法をぜひお試しください。

Tシャツを裏返してネットに入れる!

 

プリント部分は濡れた状態での摩擦に一番弱いです。Tシャツを裏返すことでプリント部分の摩擦を軽減しましょう。さらにネットに入れるので洗濯機で揉みくちゃにされてもプリント部分が擦れる心配はありません。

ドライクリーニング、タンブラー乾燥、つけおき洗い、漂白、手もみ洗い禁止!

 

どれもプリント部分への負荷が大変大きい洗濯方法です。こちらの方法で洗濯しますと長く楽しめるはずのプリントTシャツがあっという間に劣化してしまう可能性も。せっかく作った大切なオリジナルTシャツです。洗濯方法に十分気をつけて、より長く楽しんでいただけると嬉しいです。

届いてすぐのお洗濯は色物と分けたほうがいいかも?

 

こちらはプリントを長持ちさせる方法というよりも、Tシャツ生地に関してです。プリント部分が剥がれて他の衣服に柄がつくことはまずないのでご安心ください。 『 Tシャツの色が他の生地についた 』 なんてご意見も今のこところいただいたことはありませんのでよっぽど大丈夫だとは思いますが、大切なお洋服に万が一色移りしてしまうと大変ですので、気になる方は分けて洗濯がおすすめです。

インクジェットとシルクスクリーンプリントを徹底比較!

プリントの特徴と注意点を紹介してきましたが、結局シルクスクリーンとインクジェットでどこまで違いがあるのでしょうか?お見積もり、仕上がり等を比較してみました。

仕上がりは?

左がインクジェット、右がシルクスクリーンです。こうしてみるとほとんど変わりませんね。インクジェットの方が少しカラーが濃くなっていますが、もう少し明るく調整することも可能です。

シルクスクリーンのインクカラーは 「 C-22ブラック 」 「 C-26レッド 」 「 C-31イエロー 」 「 C-33グリーン 」 の4色プリントです。

近くで比較してもほとんどわからないので一見違いがないように見えますが、よくみるとシルクスクリーンのほうが少し生地に乗っているような仕上がりです。白Tシャツへのインクジェットはプリント部分と生地の触り心地は変わりませんが、シルクスクリーンのインク部分はざらざらとしたような質感です。

枚数によって金額に差が出る!


※2023年11月料金修正

お見積もりも比較してみました。こうみると同じデザインでも10枚だとインクジェットのほうが圧倒的に安いですね。30枚以上の場合はシルクスクリーンのほうが安くなってきます。フルカラー プリントじゃなくてもデザインと枚数によってはインクジェットのほうが向いている場合もあります。

納品までにかかる日数は?

こちらはどちらの場合も同じです。早ければ最短2日発送、通常ですと7営業日程度での発送となります。プリント箇所が増えた場合でも数百枚までなら同じ納期で納品可能です。

多色プリントで30枚までだとシルクスクリーンよりもインクジェットの方が格安で製作できます。

インクジェットでのプリントの場合、色数を増やし放題ですので『もう少し鮮やかにしたいな』『ここにアクセントで色を足したい!』等のご要望も全て同じ価格で実現可能です!

 

インクジェットで安くTシャツを作るには?

ホワイトTシャツが安い!

 

ホワイトTシャツにインクジェットでプリントする場合は前処理剤を引く必要がありません。直接生地にインクを吹きかけるので、仕上がりも自然でプリント部分の触り心地もいいです。

濃色のTシャツは前処理剤をかけて、その上に白インクを塗り、さらにその上にデザインをプリントします。ホワイトTシャツに比べて作業工程も多く、時間も前処理剤代もかかります。そのため、白Tシャツよりも濃色Tシャツのほうが200円~700円も金額が上がります!

Tシャツ自体の単価もホワイトTシャツのほうがお安いので、濃色に比べると平均で300円程度安くインクジェットプリントができます。インクジェットプリントで安くTシャツを作るときはホワイトTシャツが絶対おすすめです!

おすすめは20cmのプリント

 

30枚のホワイトTシャツにプリントする場合、プリントサイズが20cmだと、なんと1枚あたりのプリント料金は1,100円!1枚700円の商品でしたらTシャツ単価を合わせても1枚1,000円台でプリント可能です。

10cmだと物足りないかもしれませんが、30cmだと胸いっぱいにプリントされるのでちょっと派手かも?という方には20cmがおすすめです。少し低めの位置へのプリントが今風でおしゃれに見えます◎

インクジェットプリントにおすすめなTシャツ

やっぱり定番!ヘビーウエイトTシャツ085-CVT

 

インファクトリーでも常に人気トップクラスのヘビーウエイトTシャツ085-CVT。ほどよい厚さがとてもインクジェット向け!濃色の場合は前処理剤が染み込みやすく、ホワイトTシャツの場合もプリント色がとてもよく映えます。Tシャツカラーによっては一部インクジェットに向いていないものもあります。特に淡いブルー系は前処理剤跡が残りやすいのて、それ以外のカラーがおすすめです。
Tシャツ単価は1枚700円~。
商品URL:https://www.infac-planning.com/item/detail.html?product_id=4

なめらかな生地がインクジェットと相性抜群!ベーシックスタイルTシャツTRS-700

 

柔らかい触り心地が人気のリピーター続出なTシャツです。布地特有のこぼこが少なく、なめらかな生地なので、インクジェットプリントがしやすい生地です。Tシャツメーカーからもお墨付きのインクジェット向けTシャツ。他の生地にはできない抜群の再現度の高さです。

ヘビーウエイトTシャツ085-CVTにくらべると少し薄手になります。細いリブと細身なシルエットがスタイリッシュです。
こちらのTシャツ単価も1枚700円~です。
商品URL:https://www.infac-planning.com/item/detail.html?product_id=13

まとめ

いかがでしょうか?色数が多いデザインやフルカラーの写真、モノクロ画像まで幅広く対応しているインクジェットプリント。もっと自分のデザインを表現したい!色数に制限されないTシャツを作りたい!といった方におすすめのプリントです。満足のいくオリジナルTシャツ製作のために、ぜひこちらの方法も検討してみてください。

Written by 岡田

公開 2021年2月10日
修正 2024年1月18日

オリジナルTシャツのご相談はインファクトリー

この記事に関するオススメ記事

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。

  • スポーツTシャツ
  • クラスT
  • 採用情報
  • スタッフインタビュー
  • 社内風景
  •  
  • オリジナルTシャツマガジン

株式会社インファクトリー

〒500-8241
岐阜県岐阜市領下4-30
TEL 058-248-7808

ご来店での打ち合わせは行っておりません

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在ご来店での打ち合わせをお断りさせていただいております。お問い合わせはHPからまたはメールにてお願いいたします。

定休日のご案内

営業時間
9:00〜17:00

2024年04月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2024年05月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

取り扱いブランド

  • プリントスター
  • ユナイテッドアスレ
  • JELLAN
  • グリマー
  • DALUC
  • ルッカ
  • TRUSS
  • クロスステッチ
  • BEESBEAM
  • クロスランナー
  • 17