オリジナルTシャツで古希をお祝いしよう!

シーン毎のおすすめ

「大切な人が古希を迎える」。それは本人だけでなく、周りの人々から見ても大変めでたく嬉しいことです。本来ですと長寿の祝いは還暦からスタートしますが、平均寿命が延びた現代では古希から祝うこともあるようです。人生に一度きりのお祝いですし、何か特別なものを渡したいですよね。

そこで、古希祝いとしてオリジナルTシャツをプレゼントするのはどうでしょうか?その人のためだけに作られたオリジナルTシャツは、きっと忘れられない贈り物になるはずです。

古希の由来とテーマカラー

多くの方がご存知の通り、古希は70歳の長寿を祝うイベントです。元々は古稀という表記で、唐の詩人である杜甫が読んだ詩の一節 「 人生七十古来稀なり(70年生きる人は昔から稀である) 」 から名前が付けられました。最近は70歳以上の人口が増え、年を重ねても元気で健康な方もたくさんいらっしゃいますが、それでもめでたいことに変わりはありません。

長寿のお祝いにはそれぞれ決められたカラーがあり、古希のテーマカラーは 「 紫 」 です。そのため、古希祝いには紫色のものをプレゼントする風習があります。これまでの感謝や敬意の気持ちを込めて、紫色のプレゼントを贈りましょう。

古希祝いにオリジナルTシャツを贈るメリット

実用性があり、普段使いできる

古希のお祝いというと、かつては紫色の花束やちゃんちゃんこを贈るのが定番でした。しかし、今はお酒や食料品、体験ギフトなどプレゼントの種類も多様化しています。その中でも 「 実用性が高いもの 」 や 「 普段身につけるもの 」 は根強い人気があります。Tシャツはどちらの条件にも当てはまりますので、古希祝いのプレゼントにぴったりです。

自分の好きなデザインで製作できる

みなさんは市販のTシャツを買うときに 「 欲しいサイズがない 」 「 気に入ったデザインが見つからない 」 という経験をしたことはありませんか?
市販品は不特定多数に向けて作られているため、こういったトラブルが発生しがちです。オリジナルTシャツであればサイズもデザインも自分で決められるので、理想の商品を求めて何軒もお店をはしごしたり、ネットで何時間も検索したりしなくてOK!プレゼント選びがより手軽なものになりますね。

記念品として手元に残る

Tシャツには使用期限がないため、古希のお祝いが終わっても記念品として手元に残ります。お酒や食料品など消耗品のプレゼントも魅力的ですが、中にはもらったものをずっと残しておきたい人もいるでしょう。そのような方にとっては嬉しい贈り物です。

簡単に真似できる!デザイン作成のコツ

プレゼント用ですので、なるべく良いTシャツを作りたいですよね。かと言って、凝ったデザインにするにはセンスが必要…。ということで、古希祝いTシャツのデザインを考えるにあたり、誰でも簡単に真似できるコツをご紹介します。

名前を入れる

名前を入れるのは、古希祝いに限らず多くのオリジナルTシャツで見られるアイデアです。シンプルではありますが、個人の名前を入れることで一気にオリジナル感が強くなります。

古希にちなんだワードを入れる

古希祝いのTシャツですし、それにちなんだワードも外せないですね。日本語で 「 古希 」 としても良いですし、ローマ字で 「 KOKI 」 や英語で「 70th birthday 」 としても良いでしょう。ですが、もしかしたら年齢に言及されるのを好まない方もいるかもしれません。贈る相手のことを考えながら自分なりにデザインしてみてください。

イラストを入れる

文字だけだと寂しいという方は、相手の趣味や好きなものにまつわるイラストを入れてみてはいかがでしょう?例えばガーデニングが趣味の女性に贈るなら花のイラスト、お酒が好きな男性に贈るなら日本酒のイラストといった具合です。他にも生まれ年の干支や長寿の象徴である鶴など、動物のイラストも喜ばれると思います。

古希祝いTシャツのデザイン例

先ほど紹介した内容をもとに、古希祝いTシャツのデザイン例を3パターン作成してみました。

ユニフォーム風デザイン

ユニフォーム風デザイン

スポーツのユニフォームをイメージしたデザインです。名前+番号を入れるだけでそれっぽい仕上がりになるので、デザインが苦手な方でも手間をかけずに作れます。

名前+お祝いメッセージのデザイン

名前+お祝いメッセージのデザイン

こちらは左胸に名前、背中にお祝いのメッセージを入れたデザインです。背中のメッセージを「いつまでも元気でいてね」にしたり、「70歳おめでとう」にしたり、色々とアレンジができそうですね。手紙を書くのは少し恥ずかしい、でも自分の気持ちを伝えたいというときにおすすめです。

イラスト入りデザイン

名前+お祝いメッセージのデザイン

上の2つとはテイストを変えて、主張が強すぎないデザインにしました。背中にさりげなく 「 70th birthday 」 と入れることで、古希祝いのTシャツであることを表現しています。左胸は桜のイラストですが、こちらも色々とアレンジができそうです。

デザインに正解はありませんので、プリントしたいものを自由に入れるのが一番です。何も思い浮かばないときは、ネットで画像検索をして着想を得るのも悪くありません。ただし、ネットにアップされているデザインとまったく同じにすると盗用になってしまうので、その点には十分注意してください。

まとめ

古希のお祝いは一生に一度しかない貴重なイベントです。せっかくなら市販では手に入らないオリジナルのTシャツで、盛大にお祝いしてみませんか?古希を迎える本人にとってはもちろん、自分自身にとっても素敵な思い出になることでしょう。

Written by 湯浅

オリジナルTシャツのご相談はインファクトリー

この記事に関するオススメ記事

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。

  • スポーツTシャツ
  • クラスT
  • 採用情報
  • スタッフインタビュー
  • 社内風景
  •  
  • オリジナルTシャツマガジン

株式会社インファクトリー

〒500-8241
岐阜県岐阜市領下4-30
TEL 058-248-7808

ご来店での打ち合わせは行っておりません

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在ご来店での打ち合わせをお断りさせていただいております。お問い合わせはHPからまたはメールにてお願いいたします。

定休日のご案内

営業時間
9:00〜17:00

2024年02月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829
2024年03月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

取り扱いブランド

  • プリントスター
  • ユナイテッドアスレ
  • JELLAN
  • グリマー
  • DALUC
  • ルッカ
  • TRUSS
  • クロスステッチ
  • BEESBEAM
  • クロスランナー
  • 17