【オリジナルTシャツのデザイン例】簡単サマ見えロゴを使ってオリジナルTシャツを作ろう!【ロゴタイプ編】

デザイン例

オリジナルTシャツを作るためには、メインとなる「ロゴ」デザインを考える必要があります。ロゴを作っておけば、Tシャツ以外の印刷物などにも活用が効くため、汎用性が抜群です。ロゴ作りが難しいと考えている方でも、社名を文字で入れるだけなら、取り付きやすく簡単に着手できるのではないでしょうか。Tシャツ作りを機に、企業やチームのロゴを考えてみるのはいかがですか?

今回は、簡単でもサマ見えする、オリジナルTシャツに使いたい「ロゴタイプ」について紹介していきます。

ロゴとは

「ロゴタイプ」のデザインを考えていくにあたり、まずは「ロゴ」とは何か、知っていきましょう。

ロゴとは、会社や製品、サービス、規格などを印刷・表示する際に使用する、シンボルのようなものです。一般的には「ロゴ」とひとまとめに表現することが多いですが、実際には「ロゴマーク」を分化したものが「ロゴタイプ」と「シンボルマーク」とされています。それら全てを総称して、私たちは普段「ロゴ」と呼んでいるわけです。
ロゴタイプとシンボル

ロゴマークの中でも「シンボルマーク」は、企業・チームの強い思想が入れ込まれたものが多く、考えるのが少し難しい印象です。そこで、比較的簡単に作ることができるロゴとして紹介したいのが「ロゴタイプ」です。「ロゴタイプ」は団体名を、企業・チームのイメージに合うような任意のフォントで表記した「ロゴ」で、必要な行程は、「フォント選び」(「使用する色選び」)のみです。必要となる工程が少ないため、「ロゴタイプ」を作成することは、「シンボルマーク込みでロゴマークを1から考える」ことよりは難しくないと言えるでしょう。

そこで今回は、特に「ロゴタイプ」に着目して、「ロゴ」のお話をしていこうと思います。

ロゴタイプにおすすめのフォント

まず初めに。

ロゴを作ることの目的として「企業・チームの印象作り」があります。ロゴはその団体を「象徴」するものであり、強い理念が表れるものです。その中でもとりわけ「シンボルマーク」はイラスト的役割が強い分、自由性がありシンボルをより的確に表しやすくなっています。その点、「ロゴタイプ」は企業やチームの「シンボル」を描きづらいため、どちらかというと「名前」をアピールするためのツールであると考えた方がいいかもしれません。

ロゴマークにおいて『シンボルマーク』と『ロゴタイプ』はそれぞれ担う役割が少し異なるため、何を重視して「ロゴマーク」を作りたいか、考えて作成することが大切です。

ロゴタイプを考えていきましょう

ロゴマークの重要性を理解したところで、実際にどんなロゴマークが作れるか、考えてみましょう。中でも今回は「ロゴタイプ」に特化した内容にしたいので、「企業・チームの名前」をアピールするための、ロゴタイプにおすすめの「フォント」を紹介していきます。

欧文【サンセリフ体】

欧文【サンセリフ体】
「欧文(アルファベット)」の『サンセリフ体』を使用するロゴタイプです。「サンセリフ体」とは、文字の角や端に飾りがなく、太さがほとんど均一な線で成り立っているフォントです。線の太さが均一なため、文字としての視認性が高くなっています。文字に飾りがない分、シンプルで読みやすく、企業・チーム名を高い視認性でわかりやすく表現したいロゴタイプにおいては、使いやすいフォントの種類ではないでしょうか。

欧文【セリフ体】

欧文【セリフ体】
「欧文」の『セリフ体』を使用するロゴタイプです。「セリフ体」とは、サンセリフ体とは逆に、文字の角や端に飾りがついているフォントです。線の太さにメリハリがあり、形が美しいフォントが多いのが特徴です。どちらかというと線は細いものの方が多いため、視認性だけでいうと「サンセリフ体」の方が高くなっていますが、美しいフォントの形から、『洗練された・優雅』なイメージを表したいロゴタイプには向いているフォントの種類ではないでしょうか。

欧文【筆記体】

欧文【筆記体】
「欧文」の『筆記体』を使用するロゴタイプです。「筆記体」とは、その名の通り、文字を一筆で書いた時のような流れるような形が特徴のフォントスタイルです。少し右に傾いたような斜体のフォントが多く、角の形状が流麗で、おしゃれなデザイン性の高い見た目になっています。セリフやサンセリフのフォントと比べ、文字自体の形が崩れているため、文字の読みやすさはあまりよくありませんが、「おしゃれ・創造性豊か」なイメージを表したいロゴタイプには向いているフォントの種類ではないでしょうか。

和文フォント

和文フォント
「和文」のフォントを使用するロゴタイプです。他3つとは異なり、『日本語』に対応しているフォントになります。和文の中でも『ゴシック体』『明朝体』『筆文字』など、形が異なるフォントが様々あります。「筆文字」はダイナミックなフォントとして、『元気な・活気のある』イメージを表したい飲食店などによく用いられます。『ゴシック体』は欧文のサンセリフ体と似ており、線の太さが均一で、視認性が高いのが特徴です。一方『明朝体』は欧文のセリフ体に似て、文字の止めや払いが特徴的で、美しいフォントスタイルになっています。和文フォントも種類が多く存在するため、企業・チームの理念に沿った選び方をすることが大切です。

ロゴタイプを使ってTシャツを作ろう!

では、作成した「ロゴタイプ」を使って、実際にオリジナルTシャツを作っていきます。プリント箇所、プリントサイズごとに確認してみましょう。
ロゴタイプを使ってTシャツを作ろう!
小さくロゴタイプを入れると控えめなデザインに、大きくロゴタイプを入れるとダイナミックなデザインになります。プリント箇所やプリントサイズでも大きく印象が変わるので、どんなTシャツを作りたいか、イメージしながらプリント箇所などを決めていくのがいいでしょう。

「ロゴタイプ」は選ぶフォントによって、視認性が大きく異なります。インパクトのある、目立つロゴにしたいのであれば、線の太く文字の読みやすいフォントを選ぶのが効果的です。逆にスタイリッシュな洗練された雰囲気を出したいのであれば、線の太さにメリハリがあり美しい形のフォントを選ぶのが効果的です。文字の持つ「イメージ」を考え、企業・チームに合ったフォント選びを心掛けましょう。

また、フリーフォントを使用する場合、「商用利用可能か」知っておくことも大切です。『企業』という営利を目的とした団体のシンボルとして使用する「ロゴタイプ」ですから、自由に利用できるフォントであるかどうか、明確にしておくことが不可欠です。利用規約に則り、正当にフォントを利用する心掛けが大切ですね。

まとめ

今回は、オリジナルTシャツに使いたい「ロゴ」デザインを、『ロゴタイプ』に着目してお話してきました。「ロゴ」とは、その企業やチームが団体名に込めた意味を表すシンボルです。今回ご紹介した「ロゴタイプ」はシンボルマークほど柔軟なものではありませんが、たとえフォント選びだけでも、その「ロゴタイプ」に込めたい ”思い” が重要になってきます。企業やチームの象徴となるロゴをじっくり考えて作成して、Tシャツデザインに活用することで、オリジナルの素敵な一着を作ってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Written by 岩田

オリジナルTシャツのご相談はインファクトリー

この記事に関するオススメ記事

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。

  • スポーツTシャツ
  • クラスT
  • 採用情報
  • スタッフインタビュー
  • 社内風景
  •  
  • オリジナルTシャツマガジン

株式会社インファクトリー

〒500-8241
岐阜県岐阜市領下4-30
TEL 058-248-7808

ご来店での打ち合わせは行っておりません

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在ご来店での打ち合わせをお断りさせていただいております。お問い合わせはHPからまたはメールにてお願いいたします。

定休日のご案内

営業時間
9:00〜17:00

2024年04月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2024年05月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

取り扱いブランド

  • プリントスター
  • ユナイテッドアスレ
  • JELLAN
  • グリマー
  • DALUC
  • ルッカ
  • TRUSS
  • クロスステッチ
  • BEESBEAM
  • クロスランナー
  • 17