【オリジナルTシャツのデザイン例】2023年の干支・卯《うさぎ》を使ったTシャツデザインを考えてみた!

デザイン例

年の瀬迫る今日この頃。毎年感じていますが、つくづく1年の早さを痛感する時期となってきました…。来たる2023年をより楽しく迎えるべく、2023年の干支である「卯《うさぎ》」モチーフのTシャツデザインを考えてみました!普段の生活の中でなかなか干支を意識することはないですが、年号と干支を合わせてデザインを作成すれば、なんだか特別感が増しませんか?

今回は新年に持ってこいな干支・卯《うさぎ》モチーフのデザイン案をご紹介していきますよ!

そもそも干支って何?

1年の中で西暦や和暦ほど強く意識することのない干支ですが、その歴史は古く、紀元前の中国にまで遡ると言われています。古代中国に始まる暦法上の用語ですが、暦以外にも時間・方位などにも用いられているようです。

日本では「干支《えと》」と呼び、十二支を指すことが多いですが、本来の「干支」は『十干と十二支』の組み合わせを指す語であり、10と12の最小公倍数である『60』で一周するとされています。干支を一巡してふたたび起算点に戻ることから、満60歳を祝う際に「還暦」という言葉が用いられています。

「十干」は『甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸』の10種類から成ります。二つのものに差がなく優劣が付け難いことを意味する慣用句である『甲乙をつけがたい』というのはこの十干から由来されており、どちらも優れているという、良い意味を持っている言葉です。私たちの考える干支は主に十二支を指しているので、あまり十干を意識することはないですが、ふとした言語にその語源があったりするのが面白いですよね。

一方、私たちの馴染みのある「十二支」は『子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥』の12種類から成っています。

それぞれの漢字が動物のイメージを付与しており、国によっては意味する動物が異なっているのも興味深いところです。

十二支は12年の周期で巡っており、今や新年に年賀状などで意識する以外にあまり深い関わり合いはないように思いますが、自分の生まれの十二支を覚え、年齢の基準とする文化が根付いていることもあり、私たちの意識から全く忘れ去られているということではないようにも思います。古くからの歴史を持つ「干支・十二支」をTシャツデザインとして取り入れてみるのはいかがでしょうか。

来年2023年の干支は「卯」です。『子』から始める十二支の中で4番目に数えられる「卯」は、音でいうと『う』、日本ではいわゆる「うさぎ」を表しています。愛らしい見た目でTシャツデザインには持ってこいの動物ですし、うさぎの「跳ねる」という特徴は、新年の飛躍という意味合いにもピッタリではないでしょうか。

「卯《うさぎ》」を使ったTシャツデザイン案をご紹介!

シンプルイズベストな和風デザイン


まずはシンプルに、うさぎのシルエットと新年定番の富士山をモチーフにした、和風のデザインはいかがでしょう?シルエットはシンプルにデザインが作れるので、Tシャツとしての着こなしもお手の物。赤色のTシャツカラーが目出度くて良い感じです。

うさぎ×だるまのデザイン


うさぎをダルマに見立ててたデザインです。ダルマといえば縁起物の筆頭で、年賀状などにも引っ張りだこなモチーフとなっています。手足がない、まん丸としたフォルムはなんとも可愛らしいですが、その由来は、僧侶である達磨が壁に向かって九年の間座禅を行なったために手足が腐ってしまったという伝説を基にしているそう。伝説とはいえ、とてつもない忍耐力ですね…。縁起物として親しまれる理由としては、やはり紅白の色もその一因ではないでしょうか。縁起物のダルマ×2023年の干支のうさぎで、目出度い尽くしのデザインを作ってみましょう!

うさぎ×文字のデザイン


「2023」の文字にうさ耳をつけ、文字をうさぎ風にアレンジしたデザインです。うさぎはその長い耳に特徴があるので、アレンジがしやすい動物ですね。長い耳をつけることで、ただの文字ですら一気に可愛らしさが増します。文字だけのデザインなので、シンプルで着やすさも抜群。うさ耳が映えるような、お好きなフォントでデザインを作ってみるのがオススメです。

うさぎ×水引のデザイン


祝儀袋などに用いられる「水引」とうさぎを組み合わせたデザインです。「水引」は飾り紐の一種で、その色や結び方によって用途が分けられています。水引は未開封であるという封印や魔除け・人と人を結び付けるという意味合いもあり、西洋のラッピングやリボンのように解くことを前提とした結び紐とは意味合いが異なります。古くから用いられている結びつきの象徴でもある「水引」は、新年の挨拶を伝える年賀状にもぴったりのモチーフですね。年賀状風デザインTシャツで、目出度い新年の挨拶としてみるのはいかがですか?

シャレ風デザイン


「一富士二鷹三茄子」にちなんで、最後の『なすび』の音を『うさぎ』に置き換えてみました。あまり上手く掛かっていないのはご愛嬌ということで…。「一富士二鷹三茄子」とは、初夢に見ると縁起がいいものを表すことわざで、それぞれに意味が込められています。富士は『無事』、鷹は『高い』、茄子は『成す』という掛け言葉になっています。初めて聞いたときは茄子だけ場違いでは?と思ったりもしましたが、昔の人は意外と掛け言葉が多かったりしますよね。では「一富士二鷹三うさぎ」はどういう意味にしましょうか…?シャレなのであまり深くは考えないのが得策ですね…!

まとめ

今回は、来年2023年の干支である「卯《うさぎ》」のTシャツデザイン案をご紹介しました。連絡機器の発展から、『年賀状』という文化も薄れつつある現代ですが、古くから伝わる文化を継承していくのは大事なことでもあります。今や年賀状ですら意識することの少なくなったその年の干支を、Tシャツとして残してみるのはいかがでしょうか。今回いろいろ調べてみて面白い文化をたくさん学びましたが、物事の起源を調べてデザイン作りに活用してみるのは面白く趣深いことでもあります。皆さんも、ぜひ「干支」について学び、素敵なデザインの「2023年・卯《うさぎ》」Tシャツを作ってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Written by 岩田

オリジナルTシャツのご相談はインファクトリー

この記事に関するオススメ記事

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。

  • スポーツTシャツ
  • クラスT
  • 採用情報
  • スタッフインタビュー
  • 社内風景
  •  
  • オリジナルTシャツマガジン

株式会社インファクトリー

〒500-8241
岐阜県岐阜市領下4-30
TEL 058-248-7808

ご来店での打ち合わせは行っておりません

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在ご来店での打ち合わせをお断りさせていただいております。お問い合わせはHPからまたはメールにてお願いいたします。

定休日のご案内

営業時間
9:00〜17:00

2024年04月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2024年05月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

取り扱いブランド

  • プリントスター
  • ユナイテッドアスレ
  • JELLAN
  • グリマー
  • DALUC
  • ルッカ
  • TRUSS
  • クロスステッチ
  • BEESBEAM
  • クロスランナー
  • 17