【オリジナルTシャツのデザイン例】唇・手・心臓!? オリジナルTシャツにオススメのモチーフ「体の部位」

デザイン例

オリジナルTシャツを作成する上で、プリントするデザインは最も重要です。どんなデザインをプリントするかがなかなか決まらないこともありますよね。そんな時は、まず「モチーフ」を決めてみるといいでしょう。

オリジナルTシャツを作る機会というのは人それぞれ。プレゼント用にオリジナルTシャツを作る事、お店の制服やイベント行事用にオリジナルTシャツを作ること、同じ趣味の仲間同士でお揃いのオリジナルTシャツを作ること…上げたらキリがありませんが、本当に色々なシーンでオリジナルTシャツは活躍しています。例えば野球のチームTシャツであれば、野球ボールやバッドなど、パッと思いつくモチーフがありますよね。でも、分かりやすく決まったモチーフがない場合はデザインを作るのに一苦労。
そんな時、唇や手などの「体の部位」は、定番でありながらも人気の高いモチーフの一つです。シンプルなデザインのため、自分なりのアレンジを加えて世界に一つだけのデザインを作るのもデザイン作成の楽しみの一つです。
今回の記事では、体の部位をモチーフにしたオリジナルTシャツのデザインを紹介していきます。
オリジナルTシャツのデザインやモチーフがなかなか決まらないという方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

オリジナルTシャツのデザインとして人気が高い体のモチーフとは…

アパレル界隈のデザインで有名なものだと、「スクリーミングハンズ」と呼ばれる手に口がついていて叫んでいるようなデザインや、世界的に有名なロックバンドであるザ・ローリング・ストーンズの「ベロ・マーク」などがあります。
今例に挙げたようなデザインには「商標権」や「著作権」というものが存在しますので、たとえ改変を加えたパロディデザインであっても、著作権侵害に該当してしまうため、無断でオリジナルTシャツのデザインに使用することはできません。
せっかくのオリジナルTシャツですから、同じモチーフを自分なりにアレンジすることで、オリジナリティの溢れる素敵なデザインを作ってみましょう。

Tシャツのデザインにオススメの「体の部位」を紹介

唇(リップマーク/キスマーク)


数あるTシャツデザインのモチーフの中でも、リップマークはいつでも人気の赤いデザインです。リアル調のイラストやぷっくりとしたかわいい雰囲気のイラストまで、唇イラストのテイストは様々。大人っぽい雰囲気にしたい時も、可愛らしい雰囲気に仕上げたい時にも使えるのが魅力的です。
実寸の唇くらいのサイズ感でプリントして、本当にリップマークがついているような仕上がりにするのはもちろん、胸や背中に大きくドーンとプリントしてみてもかわいいかも。リップマークといえば赤色やピンク色を想像しがちですが、青色や緑色、紫色などの奇抜な色をチョイスすることで個性を出すことも可能!

手(ハンドサイン)


手は、体の部位の中でも感情を表現するのによく使われる場所の一つですね。ハンドサインなんて言葉もあるように、手の形によって色々なメッセージを伝えることができます。ハンドサインをプリントしたTシャツは、メッセージ性のあるTシャツに仕上げることができるのでオススメのモチーフですね。
ピースサインや指ハート、握手をする手など、着用するシーンに合わせてハンドサインを決めるといいかも。
余談ですが、私は仮免試験の時にちょっとミスをしたのですが、その日着ていたTシャツが「OK!」とプリントしてあるデザインだったので「まあTシャツもOK!言っとるし合格にしたるわ」と言われました。仮免試験の時には「OK!」とプリントしてあるTシャツを着ていくといいかもしれません(点数が足りなければ普通に落ちるので注意が必要です)。


見える部分だではなく、体の中の部位をモチーフにするのはいかがでしょう。今回は前から見た上半身の骨格を胸に中央に、後ろから見た上半身の骨格を背中にデザインしてみました。個性的で結構かわいいんじゃないでしょうか。骨格モチーフはユニークなデザインなので、オリジナルTシャルの魅力の一つ「人と被らない」という視点でもオススメです。

心臓


お次は骨に守られている内蔵のデザインです。心臓はオリジナルTシャツのデザインとしても、オススメのモチーフの一つです。人間だけではなく、生き物の体の部位の中ではとても大切な場所の一つですね。今回はデフォルメされた心臓のイラストを赤と青の2色でデザインすることでポップな印象に仕上げてみました。リアル調のデザインの心臓にすることで、個性的で神秘的な印象に仕上げることもできそうです。


さらに内蔵です。脳は人間の体の中でも心臓同様に特に大切な部位のひとつですね。ちょっとグロテスクなイメージがあるかもしれませんが、デフォルメされた脳のイラストを使うと意外とかわいいデザインに仕上げることもできますよ。

尻尾


人間の体の部位だけではなく、動物の体の部位をプリントするのもアリです。猫ちゃんの尻尾や狐のもふもふの尻尾、動物の種類によってその形は様々なので、あなたのお気に入りの動物の尻尾をプリントしてみてはいかがでしょうか。
尻尾といえばおしりから生えていますので、位置としては背中の裾あたりのプリントが無難でしょうか。今回はちょっと変わり種の悪魔の尻尾と羽根をデザインしてみました😈

まとめ

オリジナルTシャツのデザインに、体の部位のモチーフを取り入れることは、個性的なTシャツやメッセージ性のあるTシャツを作るのにぴったりです。
今回紹介した部位だけではなく、デザインしてみたら面白そうな部位はたくさんあります。オリジナルTシャツのデザインのモチーフを何にしようか悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

Written by 小林

オリジナルTシャツのご相談はインファクトリー

この記事に関するオススメ記事

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。

  • スポーツTシャツ
  • クラスT
  • 採用情報
  • スタッフインタビュー
  • 社内風景
  •  
  • オリジナルTシャツマガジン

株式会社インファクトリー

〒500-8241
岐阜県岐阜市領下4-30
TEL 058-248-7808

ご来店での打ち合わせは行っておりません

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在ご来店での打ち合わせをお断りさせていただいております。お問い合わせはHPからまたはメールにてお願いいたします。

定休日のご案内

営業時間
9:00〜17:00

2024年04月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2024年05月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

取り扱いブランド

  • プリントスター
  • ユナイテッドアスレ
  • JELLAN
  • グリマー
  • DALUC
  • ルッカ
  • TRUSS
  • クロスステッチ
  • BEESBEAM
  • クロスランナー
  • 17