着丈と身丈の違いとは?洋服のサイズ選びで失敗しないためのコツを解説!

ご利用ガイド

ネットで洋服を買うとき、悩みの原因となる「サイズ感」。特にオリジナルTシャツの場合、サイズ違いによる返品・交換ができないため、いつも以上に慎重にサイズを選ぶ必要があります。

洋服のサイズを選ぶにあたり、注目すべきは「着丈」と「身丈」です。いずれもネットショッピングをしているとよく目にする言葉ですが、この2つの違いを正しく理解している人は少ないのではないでしょうか?

今回は「着丈と身丈の違い」や「サイズ選びで失敗しないためのコツ」などを紹介していきたいと思います。

着丈と身丈の違い

着丈(きたけ)とは

着丈

着丈は「背面の首の付け根中央(バックネックポイント)から裾までの長さ」です。Tシャツであれば、首元のリブ下から裾の先端までが着丈にあたります。ポロシャツやパーカーなども同様で、襟やフードは含まず、その下から裾までの長さが着丈です。

ただし例外もあり、その代表例がキャミソールとタンクトップです。この2種類に関しては「肩紐の一番上から裾までの長さ」が着丈となります。他の衣類と同じように測ると、おかしなことになってしまうので注意しましょう。混乱を避けるため、キャミソールやタンクトップの丈については「総丈(そうたけ)」と表記されることもあるようです。

身丈(みたけ)とは

身丈

身丈は「首の横の付け根(サイドネックポイント)から裾までの長さ」です。着丈との大きな違いは、首のリブ部分も長さに含まれるところ。そのため、Tシャツの場合は着丈よりも身丈の方が2~3cmほど長くなります。身丈は前後どちらでも計測できますが、前面で測る方が一般的です。

気をつけたいポイント

サイズ表記には明確な決まりがないため、着丈と身丈のどちらを採用するかはメーカー次第です。また、ショップによっては着丈と身丈の基準が曖昧になっていることもあります。ネットの店舗で洋服を購入するときは、そのショップの採寸方法を事前に確かめておきましょう。採寸方法が載っていない場合は、少し手間ではありますが、担当者に問い合わせることをオススメします。

寸法の測り方

洋服のサイズ表には、着丈と身丈の他にも「身幅」「肩幅」「袖丈」「裄丈」といった項目があります。それぞれの測り方は次の通りです。

身幅、肩幅、袖丈、裄丈

  • ・身幅(みはば):袖の下から1cm下がったところの左右の幅
  • ・肩幅(かたはば):左肩の付け根から右肩の付け根までの幅
  • ・袖丈(そでたけ):肩の付け根から袖先までの長さ
  • ・裄丈(ゆきたけ):後ろの襟中央から袖先までの長さ

多くの場合、袖丈はTシャツやポロシャツなど、裄丈はブルゾンやコートなどに用いられます。身幅と似たものに「胸囲」がありますが、身幅は「平面での長さを表すもの」で、胸囲は「胸1周分の立体的な長さを表すもの」です。インファクトリーでは胸囲の記載はしていませんが、身幅を2倍にすることで求められます。つまり、身幅が50cmのTシャツであれば胸囲はおよそ100cmです。

身幅が小さいと窮屈な印象を与えてしまいますし、肩幅が大きいとだらしない雰囲気になってしまいます。洋服をスタイリッシュに着こなしたいときは、丈の長さ以外にも気をつけてみると良いでしょう。

サイズ選びで失敗しないためのコツ

第一のコツは「サイズ表記に頼りすぎないこと」です。着丈や身丈、身幅をいちいち気にするのって面倒ですよね。しかし、面倒だからと言って、サイズ表記だけを見て選ぶのは好ましくありません。なぜかと言うと、商品のサイズ感はメーカーやブランドによって様々であり、同じS・M・Lでも着用感が異なるからです。「普段SサイズだからSでいいかな」という基準で選ぶと失敗する可能性が高くなります。サイズ表記に頼らず、身丈や身幅をチェックすることが大切です。

第二のコツは「いつも着ている服を参考にすること」です。ホームページに載っている身丈や身幅の数値を見ただけでは、実際にどのくらいのサイズ感なのかイメージが付きづらいと思います。そんなときは普段着ている洋服の寸法を測り、気になる商品と比較してみましょう。手持ちの服と比べることで、具体的なサイズ感をイメージしやすくなるはずです。

サイズ選びで失敗しがちな方は「サイズ表記に頼らないこと」と「手持ちの服を参考にすること」の2点をぜひ実践してみてくださいね。

※時々「身長◯◯cmならどのサイズが良いですか?」というご質問をいただくことがあります。ですが、どのサイズが適切かはお客様の体型や好み、着こなし方などによって変わりますので、弊社からは明確なアドバイスができかねます。商品ページのサイズ展開表をご覧になった上で、ご決定いただけますと幸いです。

まとめ

着丈と身丈の違いについてはもう完璧でしょうか?着丈は「バックネックポイントから裾までの長さ」、身丈は「サイドネックポイントから裾までの長さ」です。どちらも洋服の丈の長さを表す言葉ですが、測る位置が違います。この2つを混同してしまうとサイズ選びの失敗につながりますので、それを防ぐためには正しい知識を深めることが重要です。

Writtenby湯浅

オリジナルTシャツのご相談はインファクトリー

この記事に関するオススメ記事

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。

  • スポーツTシャツ
  • クラスT
  • 採用情報
  • スタッフインタビュー
  • 社内風景
  •  
  • オリジナルTシャツマガジン

株式会社インファクトリー

〒500-8241
岐阜県岐阜市領下4-30
TEL 058-248-7808

ご来店での打ち合わせは行っておりません

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在ご来店での打ち合わせをお断りさせていただいております。お問い合わせはHPからまたはメールにてお願いいたします。

定休日のご案内

営業時間
9:00〜17:00

2024年04月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2024年05月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

取り扱いブランド

  • プリントスター
  • ユナイテッドアスレ
  • JELLAN
  • グリマー
  • DALUC
  • ルッカ
  • TRUSS
  • クロスステッチ
  • BEESBEAM
  • クロスランナー
  • 17