オリジナルTシャツを「アースカラー」で作るなら「サンドカーキ・シティーグリーン」がおすすめ

おすすめアイテム

オリジナルTシャツの色選び。迷ったらついつい「白Tシャツ」や「黒Tシャツ」を選びがちですよね。気軽に選びやすくて合わせやすい点が、色味のイメージを持たない「無彩色」のいいところですが、じっくりカラーを選ぶ時間があり、こだわったTシャツを作りたいのなら、「いつもと違ったTシャツの色選び」にもこだわってみるのがおすすめです。いつもと違ったオリジナルTシャツの色選びに「アースカラー」を取り入れてみるのはいかがでしょうか?

今回は、合わせやすさ抜群で、大人っぽさやこなれ感をプラスしてくれる「アースカラー」の魅力や、「アースカラーの展開のあるおすすめTシャツ」などについて紹介していきます。

アースカラーとは

「アースカラー」とは、地球の大地や植物などの自然物をイメージした茶色から緑色系の色を総称するアパレル用語で、自然志向のファッションとして、1970年代に誕生した概念であるとされています。

主な色の定義は解釈によって異なるため、具体的に定まっているわけではないですが、「ブラウン」「グリーン」「オリーブ」「ベージュ」などを表すことが多くなっています。

ファッションにおける「アースカラー」がもたらす効果

「アースカラー」は、その名前の通り「自然」にあるような色を模しているため、落ち着いたコーディネートに適しています。派手さや華美さはないですが、どんな色にも合わせやすいカラーです。ベーシックで様々な系統の衣服や配色に合わせやすいカラーのため、「落ち着いた大人な印象」を与えたい方にはおすすめのカラーとなっています。

他カラーとの合わせやすさは抜群ですが、「白や黒などの色味を持たない無彩色」よりも「こなれ感」が出るのが「アースカラー」のいいところです。「落ち着いた・大人っぽい・だけどこなれてる」コーデにしたい「オトナ女子」にはぜひ選んでいただきたいおすすめのカラーとなっていますよ。

おすすめの「アースカラー」をご紹介!

インファクトリーのTシャツで「アースカラー」を選ぶなら、「UnitedAthle」というメーカーがおすすめです。「UnitedAthle」の商品の魅力は、着心地や素材感にこだわった洗練されたシルエットのTシャツであることと、トレンドかつ他のアイテムとの合わせやすさを兼ね備えた、選びやすい「カラー展開」にあります。私個人としては特に「UnitedAthle」独自のカラー展開が唯一無二の魅力であると感じています。常にトレンドに目を光らせており、毎シーズントレンドを押さえたカラーを商品に取り入れることで、無地のTシャツでありながら、1枚でもキマる商品を常に取り揃えてくれています。トレンドのカラーは1シーズンで人気色から外れていくこともありますが、トレンドから定番に確立するカラーも数多く存在します。

かつてのトレンドから今や定番となりつつある「アースカラー」のカラーラインナップの中から、今回は「大人っぽさやこなれ感」を存分に演出できる、人気の「サンドカーキ・シティグリーン」の2色をさらに抜粋しました!それぞれのカラーの魅力について、ご紹介していきます。

035 シティグリーン

「シティグリーン」は、その名の通りグリーン系の色味ですが、単純な緑というよりはオリーブに近い系統の色で、深緑ほど緑が強くなく、黄土色がうっすら混ざったような落ち着いた緑色となっています。緑系統の色ではありますが、少し茶色や黄土色系の色味が混ざっているため肌馴染みがよく、深く渋い感じの緑色が目に優しい、肌の色や様々な色の衣類とも合わせやすい色となっています。緑の中でも特に落ち着いたイメージをもたらしてくる色のため、着用することで大人っぽい雰囲気を演出してくれます。

537 サンドカーキ

「サンドカーキ」は、英語で「砂」を意味する「サンド」や、英語で「土埃」を意味する「カーキ」を兼ね合わせた造語で、砂や土のような「薄い茶色系の色」を表しています。「カーキ」というと緑系統の色をイメージする方も多いですが、実際のところは「茶色がかった黄色」が本来の「カーキ」の定義する色です。元々は土汚れが目立たないよう軍服に用いられていた「カーキ」という色が、森林地帯でのカモフラージュとしての役割を担う『くすんだ緑系の色』も指す単語となり、「軍服に用いられる色」という幅広い意味合いで「カーキ」という色の名前が浸透したようです。中でもこちらの「サンドカーキ」は、砂を表すサンドという言葉に繋がることから、本来の「カーキ」の指すイメージに近い色となっています。地味で落ち着いたカラーですが、日本人の肌に馴染みが良く、薄すぎず濃すぎない黄土色が、他のカラーとも相性がいいのでおすすめです。

「シティグリーン・サンドカーキ」のおすすめ商品

「アースカラー」のおすすめカラーである「サンドカーキ・シティグリーン」の2色を紹介したところで、こちらの2色がカラー展開の中にある商品をご紹介していきます。

ハイクオリティTシャツ5001

定番Tシャツである「ハイクオリティTシャツ5001」。メーカー随一の51カラーの中には、該当のカラーももちろん展開があります。生地の厚さが5.6オンスと丁度よく、サイズの展開が子供用90〜大人用XXXLまでと、子供から大人まで同じ商品・カラーでのオリジナルTシャツ作りが可能です。こなれ感のあるオシャレな「サンドカーキ・シティグリーン」のカラー選びで、お子さんにもいつもと一味違うオシャレTシャツをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

プレミアムTシャツ5942

”プレミアム”と名のつく通り、品質に実績のある「プレミアムTシャツ5942」。糸・縫製・工程にこだわり抜いた、UnitedAthleの代表的なTシャツです。生地の厚みが6.2オンスとやや厚く、耐久性の高いアパレル向きのTシャツとなっています。カラー展開も豊富で、流行りのくすみカラーやビビッドなカラーなど様々取り揃えていますが、該当の2色もカラーラインナップに含まれています。品質にこだわったオリジナルTシャツに、プレミアムTシャツの「サンドカーキ・シティグリーン」をぜひお選びください!

ビッグシルエットTシャツ5508

ゆったりしたシルエットが特徴の「ビッグシルエットTシャツ5508」。着丈・身幅・肩幅のバランスにこだわった、ゆったりとした印象と着用時の抜け感がポイントです。カラー展開は9カラーと少なめながら、こだわりの「サンドカーキ・シティグリーン」の2色を取り揃えています。ビッグシルエットは通常のシルエットTシャツよりもルーズな着こなしとなるため、ストリート系のファッションにも最適。シルエット・カラーにこだわり抜いたTシャツ選びで、お気に入りのオリジナルTシャツを一緒に作りましょう!

ドライアスレチックTシャツ5900

ポリエステル100%素材の「ドライアスレチックTシャツ5900」。ドライTシャツには該当のカラーがないため、類似色をご紹介。シティグリーンの類似色である「オリーブ・OD」の2色は、いずれも緑に少し黄土色が混ざったようなカラーですが、「シティグリーン」は丁度この2色の中間あたりの色味かと思います。生地色の濃淡によってプリント色の見え方が変わってくるので、オリジナルTシャツのプリント色と併せて検討してみてください。サンドカーキの類似色としては「コヨーテ」を紹介します。サンドカーキよりも茶色味の強い色のため、サンドカーキと比較すると色が濃いような印象を受けますが、ドライTシャツで茶色・カーキ系の色を選びたい場合は「コヨーテ」がおすすめです。

「シティグリーン・サンドカーキ」のおすすめプリント配色

インファクトリーでは、Tシャツの無地での購入はもちろんのこと、オリジナルデザインでのTシャツ作りを主な業務内容としています。オリジナルTシャツ作りで一番こだわるポイントはやはりデザインですが、そのデザインをより見栄え良くプリントするにあたり、Tシャツの生地色と相性のいい「プリント色」を選択することも重要です。そこで、こだわり抜いた「シティグリーン・サンドカーキ」の生地色選びに際して、相性のいい「プリント色」についても、今回ご紹介させていただきます。

シティグリーン ー 黄色系

「シティグリーン」は緑系統の色のため、黄色系の色と相性がぴったり。緑と黄色は近しい色ですが、緑ほど同系色ではないため、適度に視認性も高く親和性も高い、まさに相性抜群な色となっています。黄色に少しオレンジ味をプラスした「C-30サンフラワー」も相性が良いことから、オレンジ系統の色味も相性が良いことがわかりますね。個人的なおすすめは「C-66ストロー」で、くすんだ感じの色となるため、単品であまり選ばれる色ではないですが、シティグリーンとの相性はかなり良いように見受けます。シティグリーンは濃い色の生地なので、視認性を高めたい場合は色の薄いプリント色を、さりげないプリントを演出したい場合は色の濃い同系色のプリント色を選ぶのが最適でしょう。

サンドカーキ ー アースカラー・色の濃い無彩色

「サンドカーキ」は生地の色自体に独立した色のイメージがあるため、黒やダークグレーなどの無彩色を用いても見栄え良くプリントが可能です。色の持つイメージの少ない無彩色は、生地色の印象を損なわないのでプリント色として選びやすい色となっていますが、ベージュ・黄土色系のアースカラーである「サンドカーキ」は、「C-39ダークブラウン」や「C-54オリーブ」といった、濃色のアースカラーとも相性がぴったりです。ただの黒では味気ないと感じる方は、黒のような視認性はありつつ茶色という色味をプラスした「C-39ダークブラウン」を選んでみるのはいかがでしょうか?

「生地色と相性のいいプリントの色選び」には、色のトーン(明るさや鮮やかさ)を意識することが重要ですが、私個人的には、何よりも「フィーリング」が大切だと思っています。「この色とこの色は相性が良いと思う」と思ったら、ぜひお気軽にご相談いただければ、イメージ図作りに協力させていただきます。あなたのこだわりのオリジナルTシャツ作りに、生地色に最適なプリント色を選択できるよう、ぜひ尽力させてください!

まとめ

今回は、大人っぽいこなれ感のあるコーデにおすすめの「アースカラー」のTシャツを、特に「シティグリーン・サンドカーキ」の2色を厳選してご紹介しました。オリジナルTシャツを作るときに、Tシャツのカラー選びで仕上がりの印象がガラッと変わります。白や黒など、定番の無彩色Tシャツに飽きてきた方は、落ち着いたカラーで他の色とも相性抜群な「アースカラー」を試してみるのはいかがでしょうか?インファクトリーの取扱いアイテムの中でも様々な色が選べるので、Tシャツカラーにもこだわって、普段着にできるようなおしゃれなTシャツをぜひ作ってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Written by 岩田
(2024年2月27日/岩田加筆)

オリジナルTシャツのご相談はインファクトリー

この記事に関するオススメ記事

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。

  • スポーツTシャツ
  • クラスT
  • 採用情報
  • スタッフインタビュー
  • 社内風景
  •  
  • オリジナルTシャツマガジン

株式会社インファクトリー

〒500-8241
岐阜県岐阜市領下4-30
TEL 058-248-7808

ご来店での打ち合わせは行っておりません

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在ご来店での打ち合わせをお断りさせていただいております。お問い合わせはHPからまたはメールにてお願いいたします。

定休日のご案内

営業時間
9:00〜17:00

2024年04月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2024年05月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

取り扱いブランド

  • プリントスター
  • ユナイテッドアスレ
  • JELLAN
  • グリマー
  • DALUC
  • ルッカ
  • TRUSS
  • クロスステッチ
  • BEESBEAM
  • クロスランナー
  • 17