文字の形をアレンジしてインパクトのあるオリジナルTシャツを作ろう!

デザインについて

Tシャツデザインの基本中の基本、「文字Tシャツ」。好きなフォントで文字を入れるだけでももちろん ”いい感じ” に仕上がるのですが、文字の形をアレンジすると、オリジナルTシャツがさらにインパクトある、個性的な仕上がりになります。イラストを描くのは苦手、ロゴを作るのも難しいというあなたに、おすすめしたい文字Tシャツのアレンジスタイルを紹介しますよ。

今回は、文字の形をアレンジした、一味違った文字Tシャツのデザインについてお話していきます。

まずは基本の「フォント」選び

文字Tシャツの作成において、まず一番大切なのは「フォント選び」です。フォントとは、文字の形のことで、元々パソコンに入っているフォントや無料で配布されているフォントでもたくさんの種類があるので、その中から好みのフォントを選んでみてくださいね。フォントスタイルを変えることで、ガラッと文字の印象が変わるので、「可愛い感じ」にしたいのか、「かっこいい感じ」にしたいのか、どんなイメージでTシャツを作りたいのか、考えながら選んでいくことが重要です。

今回はフォント自体のスタイルではなく、「文字の形のアレンジ」を紹介していきたいので、フォントは統一してお話していこうと思います。今回使用するフォントは「Arial Black」。欧文フォントで、線が太く、視認性の高いフォントになっています。
Arial Black

※フォント自体がデザイン性の高いものを選んでしまうと、アレンジがあまり活きない可能性もあります。アレンジを工夫したい場合は、アレンジスタイルが ”映える” ようなシンプルなフォントを選んだ方が無難かもしれません。

文字の形のアレンジスタイルをご紹介

ベースとなるフォントを選んだところで、アレンジスタイルをいくつか紹介していきます。

端に向かって広げる

端に向かって広げる
端に向かって文字が広がっていくようなデザインです。端と中央で大きさのメリハリがあり、インパクトのある印象になっています。強調性の高いデザインで、これ一つでデザインとして成立していますね。目を引くデザインスタイルになっているので、多くの文字の一部として使用するなら、見出しなどの一番強調したい部分として使うといいでしょう。

文字を円に沿わせる

文字を円に沿わせる
文字を円に沿わせるような形で入れるデザインです。円は丸い柔らかい印象を与えてくれるので、円に沿ったアーチ状の文字にすると、円の持つ「柔らかい」「優しい」といったイメージを引き出してくれます。アーチ状の文字はさらにアレンジ性も高く、上側に飛び出たアーチ状でも、下側に飛び出たアーチ状でもOK。アレンジしてない直線状の文字との相性もいいので、組み合わせて使用する場合は、目立たせたい方をアーチ状に変形するのがおすすめです。文字の端の高さが左右で異なると、違和感のあるデザインになってしまうので、左右の端の高さに注意して文字の始まりの位置を決めるといいですよ。

初めの文字だけ大きくする

初めの文字だけ大きくする
インパクト抜群な、初めの文字だけを大きくするデザインです。見出しなどでよく使う手法のように思いますが、強調性が高く、一目で目を引くようなデザインになっています。改行してさらに文字を増やしていったとき、2行目も3行目も最初の文字だけを大きくすると、さらにインパクトのあるデザインに仕上げられるのではないでしょうか。特別な操作が必要なく、フォントの大きさを変えるだけで成立するデザインなので、アレンジ方法も簡単なところが嬉しいポイントです。

ランダムに文字色を変える

ランダムに文字色を変える
ランダムに文字色を変更するデザインです。完全にランダムで色を変更するのもおしゃれですが、色を変えた部分だけ読んだとき、何か別の意味を持つ単語が隠れていると、さらに粋でイカしたデザインだと感じるでしょう。1色のプリントで再現したい時は、強調する文字は『塗り文字』、強調しない文字は『縁文字』にするだけでも、違いが表現できるので試してみてください。ただ、縁文字は、ある程度文字自体の太さがないと、文字の形がしっかり浮かび上がらないので、縁文字を使いたい時は、線の太い文字を選ぶのがおすすめです。

斜め向きに配置する

斜め向きに配置する
文字を斜め向きに配置するデザインです。今回は右肩上がりになっていますが、右肩下がりにしたり、縦向きにしたりするのもGOOD。文字の向きを変えるだけでもガラッと印象が変わりますね。斜め文字はスタイリッシュな印象を与えてくれます。かっこいい感じのデザインに向いているので、胸中央以外でも、裾のあたりにプリントしたりすると、よりデザイン性が増してかっこよく決まると思いますよ。

端に向かって狭める

端に向かって狭める
「アレンジ1」と逆のスタイルで、端に向かって狭まっていくようなデザインです。魚のように形がふっくらしていて、なんとなく可愛らしい印象です。他のスタイルと比べると、文字の形も結構変わってしまうので、デザインフォントよりは、形のしっかりした読みやすいフォントを選んだ方がいいかもしれません。

まとめ

今回は「文字の形のアレンジ」に着目してお話してきました。文字Tシャツもアレンジ次第で、デザイン性が高く、楽しいデザインがたくさん作れそうですね。イラストを描いたりデザインを作ったりするのが苦手な方でも、文字の形を少し変えるだけでインパクトのあるデザインが作れちゃいます。あなたのイメージに合ったアレンジ方法で、満足のいくオリジナルTシャツを作りましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Written by 岩田

オリジナルTシャツのご相談はインファクトリー

この記事に関するオススメ記事

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。

  • スポーツTシャツ
  • クラスT
  • 採用情報
  • スタッフインタビュー
  • 社内風景
  •  
  • オリジナルTシャツマガジン

株式会社インファクトリー

〒500-8241
岐阜県岐阜市領下4-30
TEL 058-248-7808

ご来店での打ち合わせは行っておりません

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在ご来店での打ち合わせをお断りさせていただいております。お問い合わせはHPからまたはメールにてお願いいたします。

定休日のご案内

営業時間
9:00〜17:00

2024年04月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2024年05月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

取り扱いブランド

  • プリントスター
  • ユナイテッドアスレ
  • JELLAN
  • グリマー
  • DALUC
  • ルッカ
  • TRUSS
  • クロスステッチ
  • BEESBEAM
  • クロスランナー
  • 17