アクティブシーンならお任せを!人気ブランド「glimmer®」のドライウェアが織り成す魅力

おすすめアイテム

オリジナルTシャツを作成するシチュエーションで、野球やバレーなど運動系の部活動、ダンスチーム、マラソン大会での着用などなど「スポーツウェア」としての使用をご希望いただくことが多くあります。そんなアクティブシーンのTシャツとして人気が高いのはやはり「ドライウェア」。今回はドライウェアの商品を多く手がけるブランド「glimmer®(グリマー)」を中心にドライウェアの魅力をお伝えします。

※商品の規格などはすべて執筆時(2021年6月)の情報となります。内容や仕様は予告なく変更となる可能性がございますので、あらかじめご了承の程お願いいたします。

glimmerとは

  • “WEAR YOUR IMAGINATION”
  • 発想を着よう
    汗をかくことが、もっと面白くなる。
    glimmer 『 グリマー 』 は、アクティブシーンにぴったりの機能性と着心地で、あなたの想いをサポートします。

オリジナルTシャツ業界最大ともいえる「トムス株式会社」が、アクティブシーンに特化した自社ブランドとして2001年に立ち上げたのが「glimmer®(グリマー)」となります。数々のアパレルブランドを展開するトムス株式会社の中でも、長く愛され続けるブランドの一つです。

スポーツウェアに欠かせない「吸水性」「伸縮性」「通気性」「速乾性」など、アクティビティに必要とされる多くの機能を追求した商品を展開する「glimmer®(グリマー)」。あらゆるお客様のニーズに応えるべく、機能性のみならず多種多様な商品ラインナップや豊富なカラー展開を目指すこのブランドならば、きっとあなたのお気に入りの一枚が見つかることでしょう。

ドライウェアの魅力

そもそもドライウェアとは一体どんな衣類のことを指すのでしょうか。一般的に「ドライ生地」と呼ばれる商品の特徴は、その素材に化学繊維であるポリエステルが使用されているところです。ポリエステル素材のTシャツの最大の特徴でありそのメリットが「吸水速乾性」に優れているという点。そのため、運動をして汗をかいてもTシャツが汗を吸い、すぐに乾いてサラサラとした着心地を保ってくれるというわけです。これが綿素材のTシャツと異なる一番の特徴ですね。速乾性の高さは、着用するときだけではなく冬場などの洗濯物が乾きにくい時期にも嬉しいポイントですね。また、ドライウェアとされる商品のほとんどは「メッシュ加工」の生地を採用しており、この通気性のよさがさらに速乾性を高めてくれるというわけです。

さらにドライウェアは、発色の良さも人気のポイントです。コットン生地のTシャツにはなかなか無い蛍光色のような生地もドライウェアの魅力の一つです。
ドライウェア生地の特徴

おすすめ商品の紹介

迷ったらこれ!定番のドライTシャツ300-ACT

ドライTシャツ300-ACT
商品URL:https://www.infac-planning.com/item/detail.html?product_id=257
glimmer®が手がけるドライウェアの中でも特に人気の高い商品。速乾性や吸汗性などのドライウェアとしての機能性だけではなく、あらゆるお客様のニーズに応えるべく、100~5Lまでの豊富なサイズ展開と、全50カラーという圧倒的色展開が自慢の「300-ACT」。自分にあった1枚がきっと見つかるはずです。汗をかいてもすぐに乾くので、サラサラ感をずっとキープしてくれる優れもの。軽い運動からハードなトレーニングまで、様々なアクティブシーンにオススメできる商品です。

インナーとしても人気!ドライロングTシャツ304-ALT

ドライロングTシャツ304-ALT
商品URL:https://www.infac-planning.com/item/detail.html?product_id=139
最適な快適さを生み、多機能でありながら低価格、豊富なカラー・サイズ展開を兼ね備えたアクティブシーンに欠かせないドライの長袖(ロング)Tシャツ。少し肌寒い時期の着用はもちろん、夏場の日差しが強い時期にはお肌を守る為にもロングTシャツはおすすめです!

ポケットが嬉しい!ドライポロシャツ(ポケット付き)330-AVP

ドライポロシャツ(ポケット付き)330-AVP
商品URL:https://www.infac-planning.com/item/detail.html?product_id=131
ドライTシャツ(300-ACT)と同じ素材を使用した大人気のポロシャツです。スポーツシーンだけではなく、汗をかきやすいお仕事の制服にもお選びいただくことの多い商品です。左胸部分にポケットがついているので、ちょっとした小物やペンなどを入れるのにも便利なのが嬉しいですね。

冬場にもおすすめ!ドライ裏フリースジップパーカー348-AFZ

ドライ裏フリースジップパーカー348-AFZ
商品URL:https://www.infac-planning.com/item/detail.html?product_id=421
厚手の裏起毛とドライ素材が融合したパーカー。パーカーでありながらドライ素材で乾きが早いため、洗濯物がなかなか乾きにくい冬場におすすめのアイテムです。裏地はフリース素材になっているため、温かさを守ってくれる優れもの。同じ素材のプルオーバータイプドライ裏フリースパーカー347-AFHもご用意しております。

ドライ生地のオリジナルTシャツを作る際の注意点

ドライ生地でオリジナルTシャツをプリントする際、ドライウェアならではの注意点があります。ドライTシャツでオリジナルTシャツを作ってみたいと考えている方は、是非一度目を通してください。

プリント部分の色落ちや剥がれ

ドライウェアは、綿製品に比べるとインクの堅牢度が低く、プリントの色落ちや剥がれが発生しやすい商品となります。社内でもプリント試験を繰り返し、お客様にお届けできる品質と判断した商品を販売しておりますが、ご使用いただく環境によっては稀にプリント箇所に不良が発生する可能性があります。商品の保管・御使用の環境が高温多湿、プリント面とプリント面を重ねて保管、リュック等を背負って長時間汗をかかれますとインクの剥がれ、色落ちする危険性が高くなります。そのため、お届けした直後の商品はプリント部分に負荷がかからないように、注意をお願いいたします。

プリントのズレや昇華現象

ドライウェアは、その素材の特性上若干の「生地の伸縮」が発生いたいます。2色以上のデザインかつ色と色が隣り合っているデザインの場合。作業の段階で柄と柄のズレが発生する場合もございます。そういった事態を防ぐために、実際のプリント作業時はもちろん、製版の段階で色と色の間に隙間が生まれないように微調整をしながら作業していますが、稀にプリントのズレが発生する場合がありますのでご了承ください。
プリントのズレや昇華現象

まとめ

夏場はもちろん、冬場にもおすすめの商品のドライウェア。その特徴は「吸水速乾性」です。オリジナルのプリントを入れて、スポーツをする際だけはなく、体を動かすお仕事やイベントの際にも是非!

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました!

Written by 小林

オリジナルTシャツのご相談はインファクトリー

この記事に関するオススメ記事

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。

  • スポーツTシャツ
  • クラスT
  • 採用情報
  • スタッフインタビュー
  • 社内風景
  •  
  • オリジナルTシャツマガジン

株式会社インファクトリー

〒500-8241
岐阜県岐阜市領下4-30
TEL 058-248-7808

ご来店での打ち合わせは行っておりません

※現在ご来店での打ち合わせをお断りさせていただいております。お問い合わせはHPからまたはメールにてお願いいたします。

定休日のご案内

営業時間
9:00〜17:00

2024年06月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2024年07月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

取り扱いブランド

  • プリントスター
  • ユナイテッドアスレ
  • JELLAN
  • グリマー
  • DALUC
  • ルッカ
  • TRUSS
  • クロスステッチ
  • BEESBEAM
  • クロスランナー
  • 17