【オリジナルTシャツのデザイン例】海外人気抜群!忍者Tシャツを作ろう!

デザイン例

オリジナルTシャツを作成する上で、デザインを考えるのが一番の醍醐味です。今回オススメしたいモチーフは「忍者」!忍者は、現代に至っても漫画やアニメ、ゲーム、映画、小説などの幅広い作品で取り上げられることが多く、最近では忍者系アイドルや忍者系ラーメン、忍者系Vtuberなどの存在も話題になっています。日本国内での知名度はもちろん、海外でも「NINJA」として親しまれ、人気の高い存在ですね。

海外の方へのお土産やプレゼントに、忍者Tシャツは喜ばれること間違いなし!今回は、忍者をモチーフにしたオリジナルTシャツのデザインを紹介していきます。外国人観光客が多いお土産やさんは要チェックです!

忍者とは

知らない方は少ないと思いますが、忍者とはそもそもどういう存在を指すのか。そこから説明させていただきます。

忍者は歴史的には「忍び」と呼ばれ、史料上確実に存在が確認できるのは、南北朝時代(1336–1392)以後で、その起源は13世紀後半に荘園制支配に抵抗した悪党にあると考えられる。忍びは、乱波(らっぱ)・透波(すっぱ)・草(くさ)・奪口(だっこう)・かまりなど、地方によりさまざまな名前で呼ばれ、忍者(にんじゃ)という呼び名が定着したのは昭和30年代になってからのことである。戦国時代の忍びは、各地の大名に召し抱えられて、敵国への侵入、放火、破壊、夜討、待ち伏せ、情報収集などを行ったが、最も重要なのは敵方の状況を主君に伝えることであることから、極力戦闘を避け、生き延びて戻ってくる必要があった。
(中略)
海外では忍術を武術としてとらえる傾向が強いが、忍者に対して深い関心を示すのは、忍者という「神秘的」な存在にたいする憧れや、「忍術の「忍」は忍耐の「忍」」といった日本の伝統的価値観に対する理解もあってのことだろう。たとえ自分の名が世に知られることがなくとも、実直に耐え忍んで自分に与えられた任務をこなし、最後には大きな仕事を成し遂げるという忍者の精神は、日本人の生き方をよくあらわしていると言えよう。忍者の知恵の中には、近代日本の発展を支えてきた技術力、勤勉さ、組織力、忍耐力といった日本文化の諸相が凝縮されており、まさに忍者は日本を代表する文化と言えよう。

引用元:忍者とは!? | 日本忍者協議会

海外の人は、日本には現代に至っても忍者や侍という人種が存在していると思っている方も多いようですが、筆者もそう思っています。忍者とはその名の通り忍ぶ者ですから、我々のような一般人に簡単に存在を明かすことも、見破られることもありません。透明人間の理論と同じで、見たことないことが当然、正体をバラさないのが当然なのです。もしかしたら昨日街中ですれ違ったあの人が暗躍している忍者かもしれませんね!(そうか?)

デザイン例

それでは、さっそく忍者をモチーフにしたオリジナルTシャツのデザインを考えてみましょう。

忍者がいっぱい

忍者がいろんな戦法で戦っているイラストでデザイン

忍者はその能力の高さから、諜報、侵入、暗殺、謀術など、様々な役割を担っていたとされています。そんな忍者がいろんな戦法で戦っているイラストをデザインに盛り込みました!胸元には大きく『NINJA』をアピール。海外の忍者好きな友達のお土産にぴったりのデザインです。

和柄と融合させて

和柄とされる青海波を組み合わせてデザイン

忍者は日本独特の文化です。そこに和柄とされる青海波を組み合わせてジャパニーズデザインの欲張りセットにしてみました。和風なTシャツは海外の方に大人気!プレゼントに渡しても、お土産として渡してもきっと喜んでもらえます。

忍法・影分身の術

カラフルに忍法・影分身の術を表現

忍者といえば忍法!今回は、忍者のイラストをたくさん並べて忍法・影分身の術を表現しました。カラフルな色味にすることで、ポップで華やかな印象に。長袖のアイテムは、冬場の寒い時期はもちろん、夏場にも日焼け対策ができてオススメです!

シルエットでオシャレに

あえて暗めの生地に忍者のシルエットをブラックでデザイン

忍者のイラストは、シルエットにしても映えます。あえて暗めの生地に、シルエットをブラックで施すことで、忍者の暗躍するイメージを持たせました。袖にもさりげなく忍者が走っています!

忍具

忍具を規則正しく並べた総柄風デザイン

忍者が使ったとされている武器は、手裏剣や苦無などが一般的にはよく知られています。そのほかにも、鉤縄(かぎなわ)、撒菱(まきびし)、忍刀(しのびがたな/にんとう)など、敵と戦う際に武器として使用されるものから、塀を登ったり土を掘ったりするなどの道具として使用されていたものなど、様々です。忍具を規則正しく並べて、総柄風にデザインしてみました。胸と背中に同じ柄でプリントすることで、賑やかでありながらデザインとして洗礼された印象を与えます。

人文字デザイン

忍者の忍(NIN)のIの部分を忍者の人文字に

忍者の忍(NIN)のIの部分を澄ました忍者の人文字にしてみました。主張が激しすぎない忍者Tシャツは、さりげなく忍者好きをアピールするのにもってこいのデザインです。Tシャツのカラーとプリントのカラーを反対色(補色)にすることで、他とは違う個性的な一枚に。

まとめ

日本という国を飛び出しても人気を誇るNINJA。忍者のオリジナルTシャツは、和風のデザインもOK!モダンな雰囲気にしてもOK!の案外使い勝手の良いモチーフです。海外の方のお土産やプレゼントにも喜ばれること間違いなし!お土産やさんで販売するのにもオススメの忍者Tシャツ!オリジナルTシャツを作成する際は、ぜひ忍者をご検討ください!

それでは、最後までお読みいただきありがとございました!

Written by 小林

オリジナルTシャツのご相談はインファクトリー

この記事に関するオススメ記事

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。

  • スポーツTシャツ
  • クラスT
  • 採用情報
  • スタッフインタビュー
  • 社内風景
  •  
  • オリジナルTシャツマガジン

株式会社インファクトリー

〒500-8241
岐阜県岐阜市領下4-30
TEL 058-248-7808

ご来店での打ち合わせは行っておりません

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在ご来店での打ち合わせをお断りさせていただいております。お問い合わせはHPからまたはメールにてお願いいたします。

定休日のご案内

営業時間
9:00〜17:00

2024年04月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2024年05月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

取り扱いブランド

  • プリントスター
  • ユナイテッドアスレ
  • JELLAN
  • グリマー
  • DALUC
  • ルッカ
  • TRUSS
  • クロスステッチ
  • BEESBEAM
  • クロスランナー
  • 17