簡単サマ見えロゴを使ってオリジナルTシャツを作ろう!【ロゴマーク編】

デザイン例

オリジナルTシャツを作るためには、メインとなる「ロゴ」デザインを考える必要があります。ロゴを作っておけば、Tシャツ以外の印刷物などにも活用が効くため、汎用性が抜群です。ロゴ作りが難しいと考えている方でも、意外と簡単に作れるものなので、Tシャツ作りを機に、企業やチームのロゴを考えてみるのはいかがでしょうか。

今回は、簡単でもサマ見えする、オリジナルTシャツに使いたい「ロゴマーク」について紹介していきます。

ロゴとは

「ロゴマーク」のデザインを考えていくにあたり、まずは「ロゴ」とは何か、知っていきましょう。

ロゴとは、会社や製品、サービス、規格などを印刷・表示する際に使用する、シンボルのようなものです。一般的には「ロゴ」とひとまとめに表現することが多いですが、実際には「ロゴマーク」を分化したものが「ロゴタイプ」と「シンボルマーク」とされています。それら全てを総称して、私たちは普段「ロゴ」と呼んでいるわけです。

ロゴタイプとシンボルマーク

ロゴマークの中でも「シンボルマーク」は、『ユニクロ』や『GU』などのように、ロゴタイプがなくても単体で理解できるマークもありますが、抽象化されたシンボルであることが多く、それ単体では何のロゴか、分からないものがほとんどです。そのため、シンボルマークの横や下にロゴタイプを配置して、一目で『何のロゴか』わかるように作られています。

今回は特に「シンボルマーク」に着目して、「ロゴマーク」のお話をしていこうと思います。

ロゴマークにおすすめの図形

まず初めに。

ロゴを作るにあたり、注意したいことがまず一つ。様々な企業がすでに多くのロゴを作成しているため、既存のロゴと、非常に形の似ているロゴマークを考えてしまうことがあるかもしれません。ですが、ロゴマークは各企業が著作権を有するものとなっています。企業の正式なロゴとして作成する場合は、既存のロゴマークとまったく同じ見た目であってはいけません。また、ロゴマークに企業の思いを入れ込むことが大切なので、今後も企業のイメージとして使いたいロゴを作るのであれば、熟考して作り上げることが重要です。

ロゴマークを考えていきましょう

ロゴマークの重要性を理解したところで、実際にどんなロゴマークが作れるか、考えてみましょう。中でも今回は「シンボルマーク」に特化した内容にしたいので、シンボルマークにおすすめの「図形」と、シンボルマークとロゴタイプを合わせた「ロゴマーク」を紹介していきます。

シンボルマーク【円を使う】

シンボルマーク【円を使う】
円の中に、頭文字・シンボルとなるモチーフなどを入れたり、円を崩してシンボルのような形に仕上げるデザインです。「円」の形は、「丸い・角がない・欠けたところがない」など、丸く柔らかい印象を与えてくれます。そのため、企業やチームの「円満・あたたかい」という良いイメージを強調したい場合には、もってこいの形であると言えるでしょう。

シンボルマーク【四角を使う】

シンボルマーク【四角を使う】
四角の中に、頭文字・シンボルとなるモチーフなどを入れたり、四角を崩してシンボルのような形に仕上げるデザインです。「四角」の形は、「角ばっている・型にはまっている」など、形がしっかりしていて、真面目な印象を与えてくれます。そのため、企業やチームの「誠実・実直」というイメージを強調したい場合には、もってこいの形であると言えるでしょう。

シンボルマーク【頭文字を使う】

シンボルマーク【頭文字を使う】
団体名の「頭文字」の形を変形したり、抽象化したりするデザインです。図形などを使って頭文字を作る場合は、使用する図形やモチーフは、企業やチームのイメージに合わせたシンボルを使用すると、より効果的です。角の形状が「角ばっている」か、「丸い」か、でシンボルマークの与える印象が変わるので、文字の形にも注意して、シンボルマークに仕上げるようにしましょう。

シンボルマークの使用例

シンボルマークの使用例
「シンボルマーク」は単体では意味が伝わらないものがほとんどのため、「ロゴタイプ」と併用するのが一般的です。シンボルマークは、ロゴのイメージを決定づけてくれるものですが、多くの場合、団体名まで伝えられるものではありません。団体名まで詳しく伝えるには「ロゴタイプ」という、団体名を任意のフォントで表記した「文字」と併用するのがおすすめです。「ロゴタイプ」のフォントは、団体のイメージに合わせて選んだり、シンボルマークに合わせて選ぶと、ロゴマークとしてマッチするのでいいですよ。

ロゴマークを使ってTシャツを作ろう!

では、作成した「ロゴマーク」を使って、実際にオリジナルTシャツを作っていきます。プリント箇所、プリントサイズごとに確認してみましょう。
ロゴマークを使ってTシャツを作ろう!
小さくロゴマークを入れると控えめなデザインに、大きくロゴマークを入れるとダイナミックなデザインになります。プリント箇所やプリントサイズでも大きく印象が変わるので、どんなTシャツを作りたいか、イメージしながらプリント箇所などを決めていくのがいいでしょう。絵型と実寸のTシャツでは見え方も違う可能性があるので、イメージ図に頼らず、定規などで実際のロゴマークの大きさを確認することをおすすめしますよ。

まとめ

今回は、オリジナルTシャツに使いたい「ロゴ」デザインを、『シンボルマークとロゴマーク』に着目してお話してきました。「ロゴ」とは、その企業やチームが団体名に込めた意味を表すシンボルです。企業やチームの象徴となるロゴをじっくり考えて作成して、Tシャツデザインに活用することで、オリジナルの素敵な一着を作ってみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Written by 岩田

オリジナルTシャツのご相談はインファクトリー

この記事に関するオススメ記事

ご注文方法・お問い合わせ先

・よくあるご質問は  コチラ
・その他ご不明な点等ございましたら下記よりご連絡下さい。

  • スポーツTシャツ
  • クラスT
  • 採用情報
  • スタッフインタビュー
  • 社内風景
  •  
  • オリジナルTシャツマガジン

株式会社インファクトリー

〒500-8241
岐阜県岐阜市領下4-30
TEL 058-248-7808

ご来店での打ち合わせは行っておりません

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在ご来店での打ち合わせをお断りさせていただいております。お問い合わせはHPからまたはメールにてお願いいたします。

定休日のご案内

営業時間
9:00〜17:00

2024年04月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2024年05月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

取り扱いブランド

  • プリントスター
  • ユナイテッドアスレ
  • JELLAN
  • グリマー
  • DALUC
  • ルッカ
  • TRUSS
  • クロスステッチ
  • BEESBEAM
  • クロスランナー
  • 17